ログイン 会員登録

  1. 薬キャリ 職場ナビ
  2. 特集
  3. サンドラッグでの薬剤師の働き方、福利厚生は?転職コンサルタントが解説!

サンドラッグでの薬剤師の働き方、福利厚生は?転職コンサルタントが解説!

サンドラッグは、ドラッグストア事業、調剤薬局事業、ディスカウントストア事業を展開する大手チェーンです。東京都や愛知県を中心に687店舗を運営。 「ドラッグストア売上ランキング2019年版」では6位に位置しています。

この記事では、サンドラッグの経営理念や事業の特徴、現場の薬剤師の働き方について解説。 サンドラッグに精通した転職コンサルタントが教える注目ポイントや、実際にサンドラッグで勤務経験のある薬剤師のクチコミもご紹介します。

サンドラッグの経営理念

サンドラッグの経営理念は「一隅を照らす」。
この言葉には、「自らを磨いていこうとする志が社会を照らす光となる」という思いが込められています。薬剤師にとって「自らを磨く」とは、薬剤師資格を生かした業務に専念し、研さんを積んでいくことです。 そのため、運営店舗のうち多数をしめるドラッグストアでは「1店舗2ライン制」(詳しくは後述)を採用。薬剤師の役割と資格外業務を担うスタッフの役割を明確に分け、薬剤師が資格業務に集中できる体制が整っています。

サンドラッグの企業情報

  • 設立:1965年4月
  • 本社所在地:東京都府中市若松町1丁目38番地の1
  • URL:https://www.sundrug.co.jp/company/index.html 
  • 売上高:6,177億円(2020年3月末) 
  • 店舗数: 直営687店舗(調剤取扱86店舗)  
  • 従業員数:7,136名 (2020年3月末) 

サンドラッグの事業内容

ドラッグストア事業

ドラッグストア事業はサンドラッグの売上高の約7割を占めている主力事業です。
サンドラッグのドラッグストア事業の特徴は、「1店舗2ライン制」と呼ばれる独自の運営システム。 すべての店舗において、薬剤師が担う〔カウンセリング販売スタッフ〕、薬剤師以外が担う〔店舗運営スタッフ〕の2職種が配置されています。
それぞれの業務は下記の通り。

・薬剤師〔カウンセリング販売スタッフ〕:カウンセリング販売、医薬品の管理 他

・薬剤師以外〔店舗運営スタッフ〕:経営数値の管理、販売計画の策定、全体の商品管理、店舗演出

つまり、薬剤師が担うのは主にカウンセリング業務と医薬品管理業務であり、専門性を生かした仕事に集中できる環境が整備されています。

コンサルタントポイント
薬剤師に「売上ノルマがない」ことも、ドラッグストア業界ではめずらしいサンドラッグの特徴のひとつです。
ノルマに追われて無理やり商品を勧める必要がないため、お客様の健康維持・改善に最適なアドバイスをできる環境が整っているといえるでしょう。

調剤事業

総合病院門前や医療モールを中心に調剤専門店舗を展開するサンドラッグの調剤事業。
最大の特徴は、業界唯一の「カメラ監査指導システム」です。 サンドラッグでは全店舗の監査台に、処方箋の細かい文字はもちろん、錠剤の印字も読み取れる高性能なカメラが設置されています。店舗の薬剤師はこのカメラを通して、本社調剤部のベテラン薬剤師にオンラインで監査・服薬指導のサポートを受けられるのです。 店舗の人数が少ないときや一人薬剤師の店舗でも、処方箋チェックの依頼や、疑問の相談が可能のため、安心して業務に臨むことができます。
そのほかにも、サンドラッグではすべての店舗で医薬品をバーコード管理するなど、IoTを利用した調剤過誤防止体制を整えています。

コンサルタントポイント
サンドラッグでは薬剤師一人当たり処方箋受付枚数は20~30枚。40枚ギリギリの処方箋をさばく企業に比べてゆとりがあり、患者さん一人ひとり丁寧に対応できる職場環境です。 カメラ監査指導システムを通して本社スタッフからのサポートの充実もあり、調剤業務に不安を感じる薬剤師でも安心して働くことができます。
※なお、調剤未経験者の受け入れは40歳までです。

ディスカウントストア事業

サンドラッグでは、ディスカウントストア事業として「ディスカウントストア ダイレックス」292店舗を運営。 ダイレックスでは、食品を始め、化粧品、家電製品、衣料品、カー用品、スポーツ・レジャー用品、酒類、医薬品など、約1万6,000品目の商品を取り扱っています。

サンドラッグでの働き方

ここからは、サンドラッグの募集要項や資料で公開されている情報をもとに特徴を掘りさげていきましょう。

  
サンドラッグ雇用条件 ※2020年6月時点 雇用形態によって一部異なります
雇用形態 正社員(ナショナル社員、狭域エリア社員)
契約社員
パート社員
給与・手当 ・正社員328,750円~(薬剤師手当120,000円含む)
・調剤専任正社員308,750円~(薬剤師手当100,000円含む)
賞与年2回(7月、12月)
※平均年収非公開
勤務時間 1日平均8時間、週平均40時間以内、ローテーション制(変形労働制採用)
休日・休暇 年間休日116日(週休2日制 月平均9.6日)
・有給休暇...入社初年度10月~翌年9月に10日、以降1年ごとに1日~2日増加、20日が上限
・特別休暇...本人が結婚の場合5日など
※上記休日・休暇を組み合わせることにより、夏期・新年等の連続休暇をとることが可能
福利厚生
(子育て支援)
育児休業延長制度、育児短時間勤務延長制度、復職フォロー制度
福利厚生
(子育て支援以外)
退職金制度、社員持株会、財形貯蓄、社員購買割引制度、住宅資金貸付制度、薬剤師国家試験準備休業制度、ボランティア休暇制度、男子独身寮、借り上げ個室寮、独身マンション、保養所(蓼科山荘、南箱根山荘、山中湖リゾートマンション)、全国契約保養所、優秀販売員・優秀接客者表彰、弔辞見舞金、定期健康診断、社員懇親会 など
教育研修制度 知識教育、オペレーション教育

サンドラッグの雇用形態

サンドラッグの雇用形態は、正社員/契約社員/パート社員です。
正社員の場合には、全国転勤がある「ナショナル社員」か、異動が限定される「狭域エリア社員」を選択できます。 ナショナル社員以外の店舗異動は、雇用形態に関わらず自宅から90分圏内です。

※この表はスクロールしてご覧ください。

雇用形態 区分 転職範囲 給与形態 手当
正社員 ナショナル社員 全国 月給制
賞与(年2回)
退職金制度
借上社宅
住宅資金貸付制度
ナショナル社員選択手当
正社員 狭域エリア社員 自宅から90分圏内 月給制
賞与(年2回)
退職金制度
住宅資金貸付制度
契約社員 自宅から90分圏内 月給制
パート社員 自宅から90分圏内 時給制
コンサルタントポイント
転居に抵抗がなく高年収を希望するなら「ナショナル社員」、住み慣れた地域で長く働きたいなら「狭域エリア社員」と、自身のキャリアプランに合わせた働き方ができます。 なお、サンドラッグの場合、正社員の募集は転職時点で40歳まで。管理職や店舗運営に関わる希望がある場合には、早めの転職をおすすめします。*2020年6月時点

サンドラッグの給与・手当

サンドラッグで働く薬剤師の年収は、新卒の狭域エリア社員(OTC選択)の場合、482万円*1。
ナショナル社員の場合は、ナショナル社員選択手当5,000円に加え、転居を伴う異動後さらに4万円の手当がつき536万円。 なお、これらはあくまで新卒入社の場合であり、年齢や経験によって年収は上がります。

*1:賞与は夏・冬それぞれ月給2ヶ月分として試算(首都圏採用を想定)

薬剤師クチコミ
年収は、他の大手ドラッグストアと同程度だと思います。20代から30代前半までは大きく差が付かないですが、その後のキャリアパスによっては差が付いてくるようです。
クチコミをもっと見る
コンサルタントポイント
ナショナル社員は給与のほかに引っ越し費用、家賃の補助(条件あり)を受けられます。
ここまで手厚い待遇は大手チェーンのなかでも限られており、転居に関して抵抗がない薬剤師にとっては、高年収で働ける貴重な環境です。 また、狭域エリア社員をはじめとした転勤がない薬剤師の年収も、ドラッグストア業界のなかでトップレベルです。

サンドラッグの休日・休暇

サンドラッグの年間休日は116日。週休2日制勤務であり、1ヶ月当たりの休日数は平均9.6日です。 年次有給休暇は、勤続年数に応じて10日~20日を付与。また、結婚時に5日間の休暇が付与されるなど特別休暇もあります。上記の休日・休暇を組み合わせ、夏期・新年等の連続休暇をとることが可能です。
ドラッグストア業界では、平均的な休日・休暇制度で満足できるレベルでしょう。

薬剤師クチコミ
薬剤師に関しては比較的優遇されていますので、店舗にもよりますが、仕事とプライベートのバランスは調整しやすい会社だと思います。
クチコミをもっと見る

サンドラッグの子育て支援

サンドラッグの子育て支援として他社に抜きん出ているのが、時短勤務制度の充実です。 一般的に時短勤務制度の対象となるのは子どもが未就学児の期間ですが、サンドラッグではなんと小学校卒業まで利用することができます。 さらに、育児休暇も国の規定より長い3歳まで取得可能。ママ薬剤師も働きやすい支援制度が充実しています。

コンサルタントポイント
サンドラッグの時短勤務制度は現場の女性薬剤師からも支持を得ています。3年以上の休業から復職する場合は、特別な「バックアップセミナー」も用意されており、職場に復帰しやすい制度も整えています。

サンドラッグの教育・研修制度

サンドラッグでは、入社時に「調剤コース」「OTCコース」のどちらかを選択します。
基礎教育が終了した段階で、スペシャリストを目指す人は調剤(上級)・OTC(上級)へ、ジェネラリストを目指す人は、基礎で選択しなかった分野を学びます。 その後、学んだ分野に応じて「薬局長・OTCカウンセリング責任者・併設店薬局長」へとキャリアが上がっていきます。
なお、希望があれば正社員は入社3年目に「調剤コース」「OTCコース」の変更が可能です(契約社員は不可)。 自身のキャリアプランに合わせて、受ける教育・研修制度を変えられる点も魅力のひとつです。

薬剤師クチコミ
新入社員にはもちろん、中途採用やパート社員でも研修をうけることができる。調剤の基本はもちろん、応用まで学べる。
クチコミをもっと見る
コンサルタントポイント
サンドラッグの教育制度は薬剤師からの評価が高く、なかでも好評なのが「トレーニングブック」です。
現場で働く薬剤師の好事例や対応に困った内容を網羅。時季に応じて、どの医薬品をどんな症状の人に勧めるべきかが体系的にまとまっており、OTC未経験の薬剤師でもすぐに現場で生かせます。

サンドラッグの転職事例

女性の働きやすさが入社の決め手

プロフィール 31歳 | 女性
居住地 東京都
前職 調剤薬局
年収(転職後) 530万円
転職理由 結婚・出産後も働き続けたい
入社の決め手 ママ薬剤師として働ける環境が整っている

転職前は、自宅近くの調剤薬局で正社員として働いていました。年収は良いものの残業が頻発していたので、結婚を機に働き方を見直したいと考えて転職を決意しました。
数年のうちには子供が欲しいので、転職の条件は、残業が少なくママ薬剤師に優しい職場環境であること。
サンドラッグはドラッグストアのイメージが強く、なんとなく残業が多そうと思っていましたが、私の働く調剤専門店舗ではそんなことはありません。 たまに患者さんが遅い時間に偏ることもありますが、残業時間は前職に比べ大幅に減りました。それでも年収がほとんど変わらないのもうれしい点です。
そしてなにより決め手となったのは、ママ薬剤師に優しい制度があることです。サンドラッグで働いているママの友人に話を聞いたところ、彼女自身も時短で働いていてサポート体制に満足しているとのことでした。 3歳まで取れる育休や復職研修、子供が小学校卒業まで時短勤務ができるなど、将来を考え安心して働くことができると思い入社を決めました。

カウンセリングに専念できる、やりがいのある環境

プロフィール 35歳 | 男性
居住地 愛知県
前職 ドラッグストア
年収(転職後) 550万円
転職理由 管理業務に追わず、患者さんに向き合いたい
入社の決め手 専門性を生かした業務に集中できる職場環境

前職では、ドラッグストアで店長と管理薬剤師を兼任していました。
店舗運営に関する業務のウェイトが年々重くなり、薬剤師として患者さんに向き合って働くことができない環境にもどかしさを感じて転職を決めました。 こうした思いをコンサルタントに伝えたところ、「1店舗2ライン制」を導入しているサンドラッグを勧められました。 数字に追われて働いてきた私にとって、カウンセリングに専念できるサンドラッグの職場環境はまさに求めていたものであり、 即決で面接を組んでいただきました。無事内定をいただき、いまはカウンセリング販売スタッフとして、日々お客さまの健康維持・改善に役立てるよう努力しています。

 

サンドラッグの特徴まとめ

  • ドラッグストア店舗は「1店舗2ライン制」で、主に薬剤師業務に取り組める職場環境
  • 調剤部門では「カメラ監査指導システム」や医療品のバーコード管理などIoTを用いた充実のフォロー体制
  • 「子どもが小学校卒業まで利用可能」の時短勤務制度は業界最長。ママ薬剤師に優しい環境

いわゆる「資格外業務」を求められることも少なくないドラッグストア業界。
サンドラッグは、薬剤師業務に集中して働ける職場環境が整っています。OTC医薬品の取り扱いに興味があり、自己研さんを積みたいという薬剤師にとっては最適な企業といえるでしょう。

また、調剤事業では「カメラ監査指導システム」のおかげでベテラン薬剤師のサポートを受けやすく、調剤業務に不安を感じる薬剤師でも働きやすい企業です。(※なお、調剤未経験者の受け入れは40歳までです。) 時短勤務制度や復職フォローも充実しており、子育てと仕事を両立したいママ薬剤師でも安心の職場です。 サンドラッグでの働き方に興味をもった方は、ぜひ一度コンサルタントにご相談ください。

< 参考資料 >
サンドラッグ採用情報
サンドラッグ決算短信
※一部サンドラッグ株式会社への取材結果を反映



人気記事ランキング

ピックアップ記事

おすすめ記事

薬剤師 の求人をお探しならコンサルタントにご相談ください

求人をお探しならコンサルタントにご相談ください
薬学生のための就活情報サイト 薬キャリ1st powered by m3.com