ログイン 会員登録

  1. 薬キャリ 職場ナビ
  2. 特集
  3. 業種別!1日のタイムスケジュールからみる薬剤師の勤務実態
薬剤師の年収

業種別!1日のタイムスケジュールからみる薬剤師の勤務実態

薬剤師とひと口に言っても、業種によって勤務時間帯や1日の働き方、業務内容は全く異なります。
皆さんは他業種の薬剤師が実際にどんな時間の使い方をしているかご存知でしょうか?
未経験の業種の働き方を知ることは、薬剤師としてのキャリアデザインを考えるうえできっと役に立つはずです。

薬剤師の働き方早見表

調剤薬局 ドラッグストア 病院
残業が少ない
夜間勤務がない
日曜日勤務がない
勤務パターンが豊富
多職種とかかわる時間が多い

今回は、薬剤師業界のなかで就業している人の割合が多い「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院(急性期)」の3つの業種について比較検討していきます。

調剤薬局は近隣の病院や診療所の外来受付時間に合わせて営業します。そのため、ほとんどの企業・店舗で日曜日や夜遅くまでの営業はなく、薬剤師としてワークライフバランスを保ち働ける職場が多いと言えます。また在宅を行う場合には医師・看護師・ケアマネージャー等、異業種と連携して患者さんをサポートします。残業については企業・店舗により異なりますので、就業前に確認しましょう。

ドラッグストアは、休日や深夜も営業しているのが特徴。営業時間が長いため、薬剤師はシフト制の勤務体制をとっている事が多いのが特徴。また、契約社員やパートでの短時間勤務や、副業で深夜だけのアルバイト勤務などの選択肢も豊富です。また客層が幅広く、処方箋を持たない患者さんへ症状に合ったOTC医薬品を提案するなど、調剤以外の幅広い業務に携わる時間もあります。

病院薬剤師は、業務の大部分で医師・看護師、作業療法師など他の医療従事者と一緒に患者さん  の治療に参加、チーム医療の一員として薬剤師としての専門性を発揮する事が求められます。その為、特に急性期病院では夜勤のある病院も多くあります。その分他の業種に比べ、患者さんと密な関わりを持つ時間が多いといえます。

では、各業種について1日のタイムスケジュールと、実際にどんな働き方をしているのか見ていきましょう。

終業時間は早め。プライベートと両立しやすい
「調剤薬局薬剤師」

調剤薬局薬剤師の勤務時間

午前
調剤薬局は近くの医療機関の診療時間に合わせて営業するのが一般的です。開局前の準備などがあるため、朝は8時30分~9時に出勤する薬剤師が多いです。午前中は病院で診療を終えた患者さんの処方箋を受け付け、調剤や服薬指導を行う業務が中心。OTC医薬品を扱っている場合は、処方箋を持たない患者さんにも対応します。
昼休みは調剤薬局の営業スタイルによってさまざまです。通し営業の場合は薬剤師同士が交代で休憩を取りますが、営業が午前と午後で分かれる場合は、1~2時間の休憩を薬剤師や医療事務が一緒にとるケースが多いです。

午後
午後は、調剤薬局に来局する患者さんの対応に加え、薬剤師が患者さんや施設を訪れて服薬指導を行う在宅訪問を行います。ちなみに2016年4月から、かかりつけ薬剤師制度がスタートしたことで在宅訪問を実施する調剤薬局は増加傾向にあります。
閉局後は医薬品の在庫管理や、薬歴などのデータ整理を行います。また、在宅患者の情報について調剤薬局内だけでなく医師や看護師、ケアマネジャーなどに連絡し、情報共有します。最後に調剤薬局内の片付けをして退勤します。
なお、かかりつけ薬剤師として登録されている場合は、患者さんからの連絡に対し24時間対応することが求められるため、勤務時間外の業務が発生することもあります。

調剤薬局薬剤師の休日

医療機関は日曜・祝日休診が多いため、調剤薬局も日曜・祝日を定休とすることが大半です。有給休暇については、他店舗とのシフト調整が必要になる一人薬剤師の調剤薬局よりも、複数の薬剤師が在籍している調剤薬局の方がとりやすい傾向にあります。

その他

地域包括ケアシステムの推進やかかりつけ薬剤師・薬局の導入により、薬剤師の業務は対物業務から対人業務へと変化しています。そのため、薬剤師には従来よりも勤務時間に対して柔軟な対応が求められています。

調剤薬局のなかでも、就業先によって時間の使い方や休日、薬剤師として求められる業務内容も異なります。転職先を決める前に、薬剤師のクチコミなどを確認して、就業先の実情をリサーチしておくと安心です。

調剤薬局で働く薬剤師のクチコミ

クチコミ内容 “ワークライフバランス”

プライベートの充実を、社内の研修をしたり、会社全体で考えてくれます。 休日の調整も、お互いに協力していただける雰囲気があります。

クチコミをもっと見る

クチコミ内容 “スキルアップ/キャリア開発/教育体制”

循環器、糖尿病内科、胃腸科、泌尿器、皮膚科、形成外科など、色々な科の処方が来たり、在宅業務など、大変忙しいですが自然と知識がついてきます。

クチコミをもっと見る

クチコミ内容 “ワークライフバランス”

9:00~17:30の勤務で、残業もレセプトの時だけでほとんどなかったので、だいたい6時過ぎぐらいには家に帰れていた。休日の調整はしやすく、希望の日に必ず休みが取れていた。当時、子供が生まれたばかりで、自分や家族にとってとても働きやすい職場だった。

クチコミをもっと見る

     

営業時間が長く、シフト制で柔軟な働き方が可能な
「ドラッグストア薬剤師」

ドラッグストア薬剤師の勤務時間

日中
一般的に、調剤薬局に比べてドラッグストアは営業時間が長いため、シフト制の勤務形態をとる企業がほとんどです。シフト制の勤務パターンは早番と遅番に分かれるケースが多く、今回のタイムスケジュールでは遅番勤務をモデルにご紹介します。
遅番勤務の場合、薬剤師は12時30分~13時に出勤し、処方箋の受付、調剤、服薬指導、薬歴の入力など、調剤薬局とほぼ同じ業務を行います。その他、処方箋をもっていない患者さんに対しても、OTC医薬品の説明や健康相談などを行います。

夕方~夜
多くの場合、調剤の受付は夕方に終了。その後は薬剤師もOTC医薬品の販売を担当します。ドラッグストア薬剤師は、調剤業務の他、要指導医薬品や第一類医薬品の販売など、薬のプロとして薬学知識を活かした業務がメインですが、ドラッグストアによっては、商品の品出しやレジ打ちといった業務を任されることもあります。
閉店作業を終えたら、在庫管理やその日の業務日誌を作成して、22時頃に退勤します。繁忙期などは前述した品出しなどの業務が増えるため、残業が発生する場合もあります。

ドラッグストア薬剤師の休日

日曜日も営業している店舗が多いため、薬剤師の勤務も土日を含むシフト制(早番/遅番など)がほとんどです。「土日必ず休みたい」という薬剤師にはあまり向かないかもしれませんが、営業時間が長いぶん勤務時間を調整しやすいというメリットもあります。ダブルワークやブランク明けなど、短時間だけ働きたいという薬剤師にとって、多様な勤務パターンがあるドラッグストアはおすすめの職種です。

その他

近年、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなど、他業種の医薬品販売参入により、ドラッグストア業界は競争が激化しています。そこでドラッグストア各社は、企業ごとにさまざまな取り組みを行って差別化を図っています。
ウエルシア薬局では、地域の人たちにスペースを開放した「ウエルカフェ」や、ネイルサロンを併設したシティ型ドラッグストア「B.B.ON(ビビオン)」を運営。また、マツモトキヨシでは管理栄養士やビューティースペシャリストと協力して健康と美容をサポートする「matsukiyo LAB」を展開しています。
こうした取り組みはドラッグストア企業の差別化だけでなく、薬剤師にとっても他職種と交流を持つ、よい機会になっているようです。

このように、ドラッグストアでは企業によって勤務パターンや薬剤師に求められる役割、業務内容が異なります。転職の前に、候補先のクチコミを見て想定される業務を確認しておくと安心です。

ドラッグストアで働く薬剤師のクチコミ

クチコミ内容 “仕事のやりがい”

ドラッグストアがメインなので、お客さまとの、やり取り。 この前勧めてくれた薬とても良かった。とか、自分の勧めた商品や薬のファンを自分でつくる事ができる。

クチコミをもっと見る

クチコミ内容 “ワークライフバランス”

忙しさはありましたが、活気もあり、保険医療とは違う勉強も出来ました。 残業時間や勤務時間は店舗によって異なると思いますが 忙しい店舗であるが故に人も集まり易く、調整はしやすかったように感じております。

クチコミをもっと見る

クチコミ内容 “ワークライフバランス”

昨今の社会問題の一つである、サービス残業や違法な長時間労働に対し、当時より発生させないよう、各シフトの終了後30分以内での帰宅を必須とし、終業時間の縛りが設けられていた。

クチコミをもっと見る

     

基本的には夜勤のあるシフト制勤務
「急性期型病院薬剤師」

病院薬剤師の勤務時間

午前
急性期型病院に勤める病院薬剤師は、基本的に夜勤があるため、多くの場合日勤と夜勤のシフト制です。日勤の場合、朝は8時30分~9時頃出勤します。朝礼から始まり、医師や看護師、栄養士など、病棟チームでミーティングを行います。入院している患者さんが夜間に使用した薬や、夜間に入院した患者さんの薬を確認するほか、退院患者への服薬指導なども行います。

午後
午後からは入院患者の持参薬の確認や、手術患者の術前休薬期間のチェック、院内での情報共有などが中心となります。また、病棟で患者さんの服薬指導にも従事します。その後、日勤の場合は夜勤の薬剤師に引き継ぎを行い、17時頃退勤となります。
残業は病院によって事情が異なりますが、基本的に病院では多めに人を配置することがないため、多少なりとも残業が発生する職場が多いようです。

夜勤の場合
夜勤の場合、薬剤師は17時頃出勤し、夜間外来の対応をします。医師や看護師と比べると夜間の緊急対応は多くないため、日中にできなかったカルテの確認作業などが中心になるようです。入院患者への急変時などの薬物療法はもちろん、救急搬送患者を受け入れた場合などは、医師や看護師と協働しながら薬物療法を行う病院もあります。
翌朝は、日勤の薬剤師への申し送りなどを済ませて、朝9時ごろに勤務終了となります。

病院薬剤師の休日

休日の取り方や日数は、救急対応の有無や人員配置など医療機関によって異なります。シフトによって決められる病院もあれば、日曜休みの病院もあります。

その他

病院薬剤師は、医師や看護師、栄養士などのさまざまな職種の人たちと連携しながら「チーム医療の一員」として活躍できるので、高い専門性が求められる分、やりがいも抜群です。

勤務時間や休日、残業は、各病院の配置人数や職場により事情が異なるため、転職を考える前に、薬剤師のクチコミや薬剤師専門の転職サイトなどで事前に情報収集するようにしましょう。

病院で働く薬剤師のクチコミ

クチコミ内容 “仕事のやりがい”

他職種との関係が良いので、わからないことなどがあってもすぐに教えてもらえる。薬剤師だと薬のことだけになりがちだが、病院なので病気のこと、その疾患にどう他職種が関わっていくのかが目に見える。

クチコミをもっと見る

クチコミ内容 “仕事のやりがい”

忙しい勤務ではあるものの、その分自己の知識向上の機会が多く、とてもやりがいのある仕事ができます。院内全体のイベントもあり、他職種とも関わりが深くチーム医療に貢献できます。

クチコミをもっと見る

クチコミ内容 “ワークライフバランス”

平日外来は8:45-18:00 土曜日は8:45-13:00 混注業務 7:30-16:30 この他に休日当番、救急外来対応用の遅番(10:00-19:00) 夜勤はないですが、外来はほぼ院内調剤のため外来の処方箋枚数がとても多く忙しい。

クチコミをもっと見る

     

クチコミ情報から業種ごとの薬剤師の働き方を情報収集しよう

このように、同じ薬剤師でも、業種によって勤務時間や勤務形態が異なります。ワークライフバランスを考えた職場を選ぶうえでも、それぞれの1日の流れや時間の使い方を知るのはとても大切なこと。たとえ同じ業種だとしても、企業や医療機関ごとに特徴があり、関わる人や業務内容、職場の雰囲気なども変わるため、転職をする際は事前の情報収集が極めて大切です。

そうした実態を知るためにも、実際に現場で働く人たちのクチコミから情報を収集して、薬剤師としてのキャリアデザインを考える際の参考にしてみてください。
薬剤師のクチコミ投稿の多い企業を見る

職場ナビでは、薬剤師によるクチコミの投稿をお待ちしています。あなたの書き込みが誰かの役に立ち、あなたと一緒に働く薬剤師仲間を増やすきっかけになるかもしれません。ぜひ、あなたの働き方や職場環境を投稿してください!

クチコミを投稿をする

薬剤師の職場が見つかる職場ナビでは、転職エージェントへの転職相談や問い合わせにも対応しています。具体的な希望条件が決まっている薬剤師の方はもちろん、キャリアや職場についてお悩みの方は、気軽にコンサルタントにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

【関連記事】
◆ 業種別にみる薬剤師の平均年収