薬キャリ1st 2024 powered by m3.com
  • 国立大学法人高知大学

    薬のスペシャリストとして、医薬品の適正使用を推進し、安全な薬物療法・新規エビデンスの創出に取り組んでいます。

    病院 

先輩情報

****
薬剤部:薬剤管理室、病棟:循環器病棟担当
2021年
私立大学
入社のきっかけ 大学は神戸の大学に通っていましたが、将来は生まれ育った高知県で薬剤師として働きたいと考えており、実務実習をきっかけに、調剤だけでなく、色々な業務や人と関われる病院薬剤師になりたいと思うようになりました。実務実習が終わり、病院見学をさせてもらった際に、高知県の病院の中でも、当院は少し他病院と異なる体制を取っており、そこに魅力を感じました。例えば、当院は薬剤部の中でも調剤室やDI室のほかに院内製剤を作る製剤室、医薬品の発注等に関わる薬剤管理室など色々な部署があり、入社1年目からこれらいずれかの部署に配属されることで、より専門的な業務を行う事ができることや、同じく入社1年目から、各病棟に病院担当として配属され、さっそく病棟業務を行うことができるという点は、はやく一人前の薬剤師になりたいと思っていた私には、とても魅力的であったため、当院への入社を希望しました。
もっとみる
やりがい 現在、私は主に循環器疾患を担当する病棟に配属されており、心不全で入院する患者や心臓の検査目的で入院する患者が多く入院する患者への介入を行っています。高知県は高齢化が進んでいる事もあり、入院する患者は高齢者が多く服薬アドヒアランス不良の患者も多いため、どういった服薬指導が分かりやすいか、どうやったら薬を忘れずに飲んでもらえるかを日々考えています。当院は教育に力を入れていることもあり、私の所属している他職種で構成された心不全チームでは、医師がコメディカルに対して勉強会を開いてくれたり、薬の相談に乗ってくれたりすること事が多くあります。私自身も、チーム内で服薬アドヒアランス不良で介入が必要と議題にあがった患者が、服薬を遵守できるようになるための改善方法を提案するなど、チームの一員として活動できることにやりがいを感じています。昨年度は、心不全チームの医師や看護師に協力してもらい、心不全療養指導士という資格も取ることができたため、今後は患者のために、より活躍できるよう頑張っていく予定です。
薬剤部内では薬剤管理室という部署に所属しており医薬品の納品・発注などに関わる業務を行っています。この部署では、自分らで卸に発注して納品した薬剤が、処方され薬剤部から払い出されていく一連の流れを見ることができるため、現在どの薬がどのくらい処方されて払い出されているかを知ることができます。また、病院内で使用する薬剤は、十数万円するものも多くあり、医薬品購入費削減のためにも必要以上に買いすぎないように在庫管理をすることも重要な業務となります。他の病院では薬剤師が行っていないことも多い、このような薬剤の流通に関わることができるため、とても貴重な経験をさせていただいていると感じています。
****
高知大学医学部附属病院 薬剤部:外来薬剤業務室、病棟:呼吸器内科と血液内科
2022年
私立大学
入社のきっかけ 入職したきっかけは、まずは高知県出身であり大学卒業後は地元である高知で働きたいと考えていたからです。
また、5年次の実務実習を通じて卒業後は病院薬剤師として働きたいと考えるようになりました。その中で当院は幅広い診療科を有しているため様々な疾患に触れることができ、多くの知識を習得できると考えたためです。
現在の仕事内容 日々の業務としては、調剤室、抗がん剤調製、入退院支援センターでの入院前面談、病棟での服薬指導を行っています。
入退院支援センターでは入院前の患者さんとの面談やお薬手帳の確認を通して、術前休薬が必要な薬剤がきちんと休薬の指示がされているか、休薬が必要な場合に患者さんがしっかりと休薬できるように調剤薬局と連携をするといったようなことを行っています。
また病棟では、呼吸器内科と血液内科を担当させていただいており、初回面談や退院時の服薬指導、抗がん剤使用患者への説明等を行っています。
もっとみる
やりがい 調剤と病棟業務を通して様々な疾患に触れることでそれぞれの疾患を学ぶ事ができること。
患者との面談を通して処方提案をしたり、医師や看護師からの問合せに対応することで薬学的介入を経験できること。
****
高知大学医学部附属病院 薬剤部:調剤室、病棟:心臓血管外科・呼吸器外科
2016年
私立大学
入社のきっかけ 東京で働くか、地元の高知で働くか、当時とても悩みました。
東京は最新のものがすぐに手に入り、刺激があり、とても楽しい県です。私も卒業後、東京の病院で就職する気でした。しかし就職活動をしてみると、病院の初任給は安いうえ、薬剤師が充足しており、人気の病院は激戦で、行ける保証はないということがわかりました。
私は、病院で先進医療・高難度医療に携わり、専門薬剤師になりたいという目標がありました。その目標が高知の病院で叶えられるのか、大学の恩師に相談しました。そのときに「医療とは必要とされるところにいくべきだ。どこであっても、標準的治療が行われなければならない。地方だからといって心配なことなどなにもない。仮に、もしそうでなければ君が行ってやればよい。地元に帰りなさい。」と力強い言葉をもらい、高知に帰る決心がつき、高知大学医学部附属病院に就職しました。
現在の仕事内容 ICU担当薬剤師を経て、現在は心臓血管外科・泌尿器科・呼吸器外科の患者さんが入院する病棟を担当しています。また感染制御部・抗菌薬適正治療支援チームにて感染の仕事にも関わっています。さらにICUの経験を活かし、術後疼痛管理チーム・周術期口腔ケアのチームにも所属し、術前から術後までトータルで薬剤師が関わりより良い治療を目指しています。
もっとみる
やりがい 現在2歳のこどもがいます。妊娠中、休みつつも仕事をし、産休・育休を経て仕事に復帰しました。復帰当初はこどもの発熱等で休むことも多々ありましたが、まわりの理解と協力があり、辞めずに働くことができています。また、同じところに長く務めているからこそ、医師や看護師との信頼関係を築けることができています。自分が関わるチーム医療が年々増えており、薬剤師の視点というものが重要視されていると感じます。
これからの目標 病院に入院してこられる患者さんは、病院での治療が終わり退院しても人生は続いていきます。入院時のみ関わるのではなく、入院前から退院後までトータルで関わっていく必要があると感じています。
薬学生にひとこと 6年制の薬学部を卒業すると、社会に出るのは最速で24歳です。将来、結婚や出産を考える方は、25-26歳で相手と出会って、2年程度付き合って、結婚して、30歳前後でこどもをなんて逆算する方もいるのではないでしょうか?働きながら出産育児をするのは本当に大変です。私自身、実際子育てをして、実家・義実家が近くにある安心感は計り知れません。通勤ラッシュがなく、自然豊かでのびのびと子育てできるのも地方の利点だと思います。