薬剤師転職コンサルタント


転職メッセージ
2018/10/02
何歳まで転職が可能か?

60歳過ぎてからの転職は有利?不利?


昨今、政府は国家公務員の定年延長を打ち出し議論を重ねています。

日本は世界トップクラスの長寿国で、平均寿命は男性が81歳、女性が87歳となり、

「人生100年時代」と様々なところで耳にするようになりました。

元気なお年寄りが昔より増えたことも、今回の定年延長を考えるきっかけになっています。


今回は、国家公務員の定年延長を国は検討していますが、薬局業界はどうなのでしょうか?


一般的に定年の年齢は企業により多少異なりますが、

「60歳」を定年とする企業がほとんどで、次いで「65歳」と定める企業と続きます。


では薬剤師はどうかというと、病院、薬局、製薬メーカーやドラッグストアなどの

雇用先によって定年は異なりますが、薬剤師以外の職種と同様に60歳を定年退職と

定められていることが多いようです。


私も多くの薬局・ドラッグストア等の就業条件を確認していますが

「60歳定年・再雇用65歳まで」のところがまだまだ多く、

65歳定年に設定している企業は1~2割の印象です。


定年60歳という会社がまだまだ多い薬局業界ですが、

最近は60歳を過ぎてから(定年を過ぎてから)ご転職を考えられる方や、

70歳近くても「健康なうちは仕事をしたい!」というお気持ちが強く、

ご登録いただく機会が増えてきました。


薬剤師は国家資格なので、会社側さえよければ、

70歳を過ぎても雇用延長をして勤務できる可能性も十分あるという見方もできます。


ただ、実際には【転職】という面から判断すると現実は厳しく、

50代半ばを過ぎてから転職を希望される場合、

法人側も採用を渋るケースが増えてきました。

「うちは定年が60歳なので・・」

「長く働いてもらいたいから今回は見合わせる」

と言われてしまい、選択肢はどんどん少なくなっています。


もちろん、勤務エリアや働き方によっては年齢関係なく「ぜひ!」

というケースもあるので一概には言えませんが、

60歳定年の会社がまだまだ多い昨今、ご転職を考えるのであれば50代前半までが、

ご自身でも会社を選ぶことができるリミットになってきそうです。


もしも「今」転職をお考えの50代の方は、

早めに今後のキャリアや60歳過ぎてからの人生を考えてみてくださいね。

このコンサルタントからの最近のメッセージ(転職メッセージ一覧
面接前に確認したい4つのことNEW! (18/10/18)
定年後の転職は難しいのか? (18/10/04)
面接では何を質問すべきか (18/09/27)
このコンサルタントにメールでのお問い合わせ
当社は、ご入力いただいた情報を薬剤師転職コンサルタントの所属する提携人材紹介会社に提供いたします。 その後、薬剤師転職コンサルタントより直接ご返信を差し上げます。
上記事項にご同意の上、情報をご入力ください。

個人情報の記入に関してご質問がある方は、 「個人情報の取扱いについて」をご覧ください。
*印は必須入力項目です
*お名前
※匿名をご希望の場合は「匿名」とご記入下さい。
*ふりがな
※匿名をご希望の場合は「トクメイ」とご記入下さい。
*メールアドレス
※薬剤師転職コンサルタントより直接ご返信いたします
現住所 
*都道府県は必須項目です。
※お住まいの地域でお仕事を探されている方は都道府県以降もご記入下さい
*電話番号- - (半角) 例:00-0000-0000
*性別男性 女性
*生まれた年
*経験年数  年

 年
※その他の経歴をお持ちの方はこちらにご入力ください
*転職希望時期*就業状況在籍中 離職中
*メッセージ
文例を見る
*メルマガ希望
見本はこちら
薬剤師求人メルマガの配信を規約に同意して希望する。
※上記「メールアドレス」欄に携帯のメールアドレスをご記入の方はメルマガの受信ができません。
※既にm3.com会員の方は「会員情報変更」の「登録済m3.comメール」の設定が優先されます。
※送信内容確認のメールをお送りします。
※メールが届かない場合は、メールアドレスを確認のうえ、再度お問い合わせをお願いします。

利用規約についてご同意の上、登録フォーム情報をご送信ください。

薬剤師転職コンサルタントメッセージ

m3.comが提携する薬剤師転職コンサルタントは、現場の第一線で活躍する76人。転職市場動向や転職活動に役立つメッセージを毎週お届けします。

薬剤師求人

エリア別の薬剤師求人
路線・最寄駅別の薬剤師求人
求人の多い路線・駅をピックアップ!