ログイン 会員登録

  1. 薬キャリ 職場ナビ
  2. 薬剤師インタビュー
  3. 株式会社クスリのアオキ 薬剤師 元林さん・山川さん
株式会社クスリのアオキ 薬剤師 元林さん・山川さん

あなたの能力と意欲を最大限に引出す

働く薬剤師の姿から見えてくる──それぞれのキャリアや希望に応え、 能力を最大限に引き出す、クスリのアオキの風土と環境。

従業員が積極的にチャレンジできる機会と環境がクスリのアオキにはある

──本日は宜しくお願いします。元林さんと山川さんがクスリのアオキにご入社された経緯と、ご入社後のキャリアについてお話しいただけますでしょうか。

元林さん

元林 裕美(もとばやし ひろみ)
薬剤師
調剤運営部 調剤運営課  次長 兼 部長

私は幼少のころから薬剤師という職業に憧れていて、とりわけ街の薬剤師として頼られる姿を理想として持っていました。小さいころは体が弱かったのですが、体調を崩したときにいつも私のお世話をしてくれた薬剤師さんが居て、私もあんな風に街の人から頼りにされる仕事がしたいと思ったのがそのきっかけとしてありました。就職活動時には、広範囲からお客様・患者様にご利用いただけるドラッグストアであれば、たくさんの患者様から頼りにされる街の薬剤師になるという幼少から描いてきた夢を実現できるのではと考えました。私は北陸にある大学に通っていて、クスリのアオキはよく利用しているドラッグストアでとても親しみ深く、またクスリのアオキの各店舗は地域の広いエリアからたくさんのお客様・患者様に利用されていることも選考の際に知り、ここでなら私がかつて憧れた理想の薬剤師になれるのではないかとの期待から、新卒で入社を決めました。

入社して3年間は、クスリのアオキでは数少ない調剤専門店のひとつで調剤業務一筋の仕事をしてきました。その後別の薬局の薬局長として2年、さらにはエリアの薬局長を束ねる調剤地区長として2年勤めましたが、そのころから自分が薬局をまとめたり、薬局そのものをつくったりすることも、やりがいのある仕事だと感じるようになりました。入社当初は薬剤師として患者様とコミュニケーションをする仕事をしていたいというこだわりを持っていたのですが、自分が指導した人たちが薬局で患者様・お客様と上手に接することにより、クスリのアオキと地域の人との輪を広げていくことも、自分が薬剤師としてやっていくべきことではないかと考えるようになりました。その後は薬剤師の指導を離れ、医療事務統括として、医療事務の指導や評価行う部署に移りました。

クスリのアオキでは、調剤事業を薬剤師と医療事務の両輪で支えていくという考えがあります。私のこれまでのキャリアで、薬剤師と医療事務のどちらにも指導・管理の経験があり、クスリのアオキの調剤事業を担っていく人材の育成責任者として適任であるとの判断をいただいたことから、クスリのアオキの薬局・調剤事業全般の運営管理を行う「調剤運営部」に異動となりました。調剤運営部ではクスリのアオキの調剤事業を、「調剤対応店舗の開発」「クリニックなど処方箋応需先との情報交換」「調剤事業のための人材育成」の3つの側面から推進していくことをミッションとしています。現在私はその部内で、調剤事業のための人材育成を担う運営課の課長として、成功事例の共有や課題解決策の指示を行うなど、薬局長を束ねる地区長に対する指導・教育を主とした業務としています。

山川さん

山川 大介(やまかわ だいすけ)
薬剤師
薬剤運営部 調剤運営課係長

私は新卒でクスリのアオキに入社した元林さんとは違い、およそ3年半、違う会社の門前薬局で働いていました。私がクスリのアオキに入社を決めたのは、選考時にクスリのアオキの評価制度の特色や社訓を知ったからです。半年ごとに方針と目標を立案し、毎月上長と面談しながら課題や対策を確認し、結果だけでなくプロセスや意欲度が昇格に反映される評価の仕組みがあると知り、結果的にそれが入社の最大の決め手になりました。たとえば歴史ある企業であれば、目標やプロセスよりもむしろ年功序列が評価点となって職位が上がっていく制度が一般的かと思いますが、既成の形式にとらわれない評価制度ひとつをとっても、クスリのアオキのチャレンジ精神ある社風が表れていると感じました。

また、採用選考の途中で知ったことなのですが、クスリのアオキには社訓に「クスリのアオキはお客様のためと従業員のためにあります」という文言があります。お客様・患者様にフォーカスした社是や社訓を掲げる会社が多いなかで、従業員満足も会社の方針として重視していることには、評価制度同様に目を引きました。決して謳い文句としてだけ従業員満足が掲げられているわけではなく、全店に畳の休憩室が用意されているばかりか、休憩時間60分に加えて、出社前の準備時間にかかるおよそ15分も休憩時間として使えます。従業員の就労環境の向上へのきめ細かい配慮が、会社の制度からも伝わってくるのです。「従業員にはまず働きやすい環境を十分に用意しなければ、100パーセントの力を発揮できない」というのが社長の考えですが、有言実行されていることが非常によくわかります。

私は入社して6カ月後に薬局長になり、その1年後には、担当するエリア20薬局の日々の薬剤師のシフトを、薬剤師の出勤予定や薬局の営業時間に照らし合わせて管理する教務薬局長となり、現在そこで仕事をしています。薬局ごとにご利用いただく患者様の層や処方箋応需先が違いますから、薬局の営業時間帯はもちろん、曜日ごと、もっと大きく言えば季節ごとに忙しさも全く違います。薬局の繁閑の状況は日々めまぐるしく変わりますが、どのような時と場合によっても患者様に快くクスリのアオキの調剤施設をご利用いただくため、最適なシフト・応援体制を組むことが私の主な業務です。

薬剤師として、企業人としてできることは何か ─── その想いに応えるクスリのアオキのキャリア

──元林さんと山川さんのキャリア観を教えて下さい。これからの薬剤師に残っていくのは「コミュニケーション・企画立案・マネジメント」に関する仕事だと、青木社長のお話にもありましたが、お二人は社長のそうしたお考えを踏まえてご自身のキャリアを考えていますか。

山川さん

大学を卒業して以来私のキャリア観の根底には、将来的に薬剤師が過剰になる時代がきっと訪れて、そのときに私はどういう能力で会社、あるいは社会に貢献できるのだろうかという危機感があります。そういう意味では、私の持つ意識は社長の考えとも重なる部分があると思います。

社長のお話にあったように、調剤をコアビジネスにしてそこからの薬剤師の専門性を活かした職域に派生していくキャリアパスを考える薬剤師も当然ながらいますが、私は薬剤師のスキル以外でも会社に貢献できる能力を手に入れたいと考えていて、なかでもマネジメントに特化したキャリアを歩んでいきたいと考えています。薬局長や地区長といった薬局のマネジメントから、最終的には会社全体のマネジメントに関わるようなポジションに就きたいと考えています。

元林さん

最初にもお話したとおり、私はクスリのアオキで仕事をしていくうちに、自分が薬局をまとめたり、薬局そのものをつくったりすることも、やりがいのある重要な仕事だと感じるようになりました。自分がかつて憧れたような薬剤師が、クスリのアオキで活躍できる場をもっとたくさん作ることもまた、自分のやるべきことなのではないかと考えるようになったためです。これからもマネジメントの立場でやるべきことを全力で取り組み、薬局での薬剤師の活躍の場を増やし、クスリのアオキの調剤サービスの質を向上させていくことも、薬剤師として地域の医療に貢献するひとつの方法だと思います。

私は現在、調剤運営部・運営課長という社内の女性の中では最高位の職位をいただいて仕事をしております。自分がこれからもチャレンジを続けることによって、私の後に続く女性従業員がクスリのアオキでより活躍の幅を広げられるような道筋を作っていきたいという想いもまた、私のキャリアに対する意識の根底にあります。最近では、たとえば山川さんのようにキャリア志向が強く、マネジメントのような専門的な能力を身につけたいと考えるような、能動的に自分のキャリア形成や薬剤師の職域拡大について考える薬剤師が、徐々にですが増えてきていると感じています。薬剤師はご存じのとおり女性の多い職業ですから、今後クスリのアオキで働く女性が山川さんのように企画立案やマネジメントを仕事としたキャリアに進みたいと考えたときに、そのチャンスを広げておくためにも私がこれからも道を作っていかなければならないと思っています。

──現在はお二人ともキャリアを重ねるにしたがって、店舗での調剤・接遇といった勤務薬剤師の基本的な業務からは離れていらっしゃいますが、現在の業務ではどういった部分に仕事のやりがいや面白さを感じますか。また、今後の目標を教えて下さい。

元林さん

社長のお話でもあったように、すべての薬局に調剤施設用のスペースがありますが、実装に至っている店舗は全体のおよそ半数にとどまっています。クスリのアオキの薬局機能を高め、調剤をコアビジネスにしていくためには、まだまだ薬剤師の人員確保も十分ではありませんし、店舗の収益性を確保するためのローコストオペレーションもさらに改善していく必要があると思います。このように、調剤事業がクスリのアオキのコアビジネスであると胸を張って宣言するには、まだまだ解決するべき課題は山積していますが、毎年着実に成長を続けている事業の人材育成を任せてもらい、調剤をクスリのアオキのコアビジネスにするという大きな目標に向かって自分の責任で仕事ができることには、とてもやりがいを感じています。

クスリのアオキのすべてのお店で、お客様・患者様に薬局としてもご利用してもらい、街のかかりつけ薬局としての利便性をどの薬局でもご提供できるように、調剤施設の実装を進めてまいります。さらに収益を拡大し、ゆくゆくは調剤運営部ではなく調剤事業部として事業化し、名実ともに調剤部門をクスリのアオキの看板のひとつとすることが私の目標です。

山川さん

薬局ひとつだけを見る薬局長をやっていたときより、現在のように20薬局を見る教務薬局長のほうが、複数の薬局の運営を比較できることから、より客観的に見られるようになっています。それぞれの薬局には他にない良い部分と、他と比べて改善すべき課題点があります。ひとつの薬局だけを管理する立場だったころよりも薬局間を比較できるので、良い点も悪い点もより細かい部分までよく見えるようになったと思います。ものごとを広い視点で細かく分析することは、自分が志向するマネジメントには大事な視点ですし、それを養える現在の仕事はとても楽しく感じています。これまでにお話しましたように、私は今後もマネジメントに特化したキャリアを志向していますので、さらに会社の大きな範囲のマネジメントができる職位に進みたいと考えています。35歳までには、会社の業務マニュアルを作れるくらいの立場になっていたいですね。

クスリのアオキの仲間として迎えいれたい人に求めるものは

―─お二人がともに働きたいと思う薬剤師像について教えて下さい。

山川さん

薬剤師の仕事やキャリア観において、私と同じような考えを持っている必要はありませんが、やはり私と同じようにチャレンジ精神旺盛で行動力のある人が望ましいですね。新しいことに取り組みたいという方は、色々な部署のさまざまな業務に挑戦するチャンスがあるクスリのアオキには合っていると思います。あくまでこれは私の持論なのですが、薬局の売上でも何についても、現状維持に徹しようとするのは不可能だと思います。日々の状態をなんとか維持しようという意識で仕事をすると、結果的にはどんどん後退していってしまいます。どんな小さなことであっても昨日よりも改善しようと考えるくらいがちょうど良いのです。日々の仕事が良くなるにはどうするべきかを常に考え、考えた結果を行動で示せるような、能動的でチャレンジングな方とぜひ一緒に働きたいと思います。

元林さん

すべての人が山川さんのような上昇志向のキャリアを持っているわけでもありませんし、子育てなど家庭の事情によりパートタイムで働くことを選択するなど、むしろキャリアアップを志向しない働き方を選ぶ薬剤師も少なからずいらっしゃると思います。どのような働き方、キャリアパスの選択であっても、自分のなすべき仕事に対しては素直で前向きに取り組めることは大事だと思います。アメリカの薬剤師の仕事を例にとって、薬剤師の活躍の場を増やしていくという社長の話がありましたが、クスリのアオキでも今後、患者様へのカウンセリングの時間を増したり、地域のヘルスアップセミナーの開催などを通じて、新しい仕事を任されることがあると思います。それを薬剤師としての活躍の場が与えられた好機だと考えて前向きに取り組む姿勢は、薬剤師としてはもちろん、会社組織の一員としても非常に大切な資質だと思っています。そういった方と私はぜひとも一緒に働きたいと思います。もちろん上昇志向を持つ人は大歓迎です。医療人として、企業人として、やりたいことを明確に持って仕事に取り組むチャレンジ精神のある人は会社から高く評価される風土がありますので、そういった方が活躍できる環境は十分に備わっていると思います。

おすすめ記事

人気記事ランキング

ピックアップ記事

薬剤師 の求人をお探しならコンサルタントにご相談ください

求人をお探しならコンサルタントにご相談ください
薬学生のための就活情報サイト 薬キャリ1st powered by m3.com