「残薬」の記事一覧

ご指定のキーワードに関連する記事を表示しています。

  • 全7件のうち、7件を表示
  • 錠剤 イメージ
    薬キャリ通信

    米・英の残薬問題と対策とは

    医療技術の進化と先進国の高齢化を背景に、世界的な問題となっているようだ。WHO(世界保健機関)の概算によると、慢性疾患の治療のために処方された薬の服用アドヒアランス率は世界中でわずか50%だという。

    更新日:
  • 薬キャリ通信_画像_後発医薬品
    薬キャリ通信

    医師と薬剤師の連携で残薬解消

    『13年度の薬局の機能に係る実態調査』によると、薬剤師に「患者に残薬確認をした結果、残薬を有する患者はどのくらいいるか?」という質問に対して、9割以上の薬剤師が「頻繁にいる」(17.1%)「ときどきい ...

    更新日:
  • 薬キャリ通信

    残薬問題、皆はどう感じた?

    番組では、現在の残薬が475億円あることを述べ、高齢者に対する薬の過剰投与の実態や、多種類の薬を服用したことによる副作用について言及。SNSで番組の内容や残薬問題について、視聴者からさまざまな意見が挙 ...

    更新日:
  • TV電話で服薬指導
    薬キャリ通信

    残薬はどうしたら減るのか?

    先日、厚労省から来春にも「かかりつけ薬局制度」導入を検討するというニュースが出たことは読者の記憶にも新しいだろう。薬の飲み残しや、処方の重複による副作用被害を減らすことが狙いだという。またこれにより、 ...

    更新日:
  • ヘルスケアハッカソン2015051617
    薬キャリ通信

    楽しく残薬管理!ハッカソン開催

    医療従事者とプログラマーなどが参加するワークショップ「ヘルスケアハッカソン」が開催された。今回のテーマは「服薬アドヒアランス」。在宅における飲み忘れ薬剤費は約475億円にものぼると試算されている。

    更新日:
  • メディカルシステムネットワークが不動在庫売買サービスを拡充
    薬キャリ通信

    余った薬をリサイクル!薬局の残薬を有効活 ...

    薬局には、仕入れたものの、処方されることなく有効期限をむかえ余ってしまった薬が多数存在している。その残薬を活用するために立ち上げられたのが、「リバイバルドラッグ」というサービスだ。「リバイバルドラッグ ...

    更新日:
  • 薬キャリ通信

    「節薬バッグ運動」で残薬を有効活用!

    近年、医療費の増加が深刻な問題となっており、削減のための様々な施策が検討・実施されている。 福岡市薬剤師会と九州大学が共同で実施している「節薬バッグ運動」もその一つだ。「節薬バッグ運動」とは、「節薬 ...

    更新日: