厚生労働省によると、潜在的な飲み忘れ等の年間薬剤費の推計は約500億円。以前薬キャリ通信でも、患者の残薬を有効活用する「節薬バッグ運動」について紹介したが、近年、国の医療費削減などのため、残薬の活用や削減のためのさまざまな施策が検討・実施されている。

一方で、薬局にある残薬にも注目が集まっている。薬局には、仕入れたものの処方されることなく有効期限をむかえてしまった医薬品が多数存在している。その残薬を活用するために立ち上げられたサービスが「リバイバルドラッグ」だ。

「リバイバルドラッグ」は、神奈川県川崎市にある有限会社わかばクラブが運営するサイト。全国の薬局でデッドストックやスリ−プ状態になった医療用医薬品を預かり、必要としている薬局にインターネットを通じて販売している。サービスの利用には会員登録が必要で、現在、1200店余りの医療機関が登録している。この斬新な取り組みについて、朝日新聞出版がAERAに記事を掲載している。

社長の蒲谷亘さんによると、店舗あたりで廃棄する薬は年間20万円程度。全国5万6000店と言われている薬局数で計算すると、年間100億円以上の薬が期限切れで廃棄されていることになる。薬局はたとえ1人の患者しか利用しない薬でも、調剤を求められた場合は断ることができず、仕入れの際には一定数入った箱で買わざるをえない。十分な資金力のない中小薬局は、在庫を抱えて倒産するケースも少なくないという。

今やコンビニの店舗数を超える薬局だが、中小薬局は経営難による閉鎖や大手による買収などのニュースが絶えない。今後、地域の健康相談窓口としてますます重要な役割が期待されるだけに、ぜひこのようなサービスを活かして長く地域に貢献してもらいたい。

薬キャリ編集部M.N

  • このエントリーをはてなブックマークに追加