「地域ごとの店舗の特色・人間性の教育」に惹かれて

――本日は宜しくお願いします。はじめに、ユタカファーマシーさんにご入社された決め手についてお教え下さい。

林 絵梨子(はやし えりこ)
薬剤師
2013年4月入社
ドラッグユタカ 長浜八幡中山店で勤務

私が会社を選ぶ基本的な軸としてもっていたのが、地元密着の企業であるということです。その軸に基づいていくつかあった候補の会社のなかから、ユタカファーマシーを選びました。業務の効率化ばかりを重視する企業が多い中、もちろんそれも大切なのですが、地域ごとに特色ある店舗運営をされていたり、理念として「ユタカのこころ」を掲げて薬剤師の人間性の教育にもとくに力を入れていたりしているところに惹かれました。前職では調剤とOTC販売をメインとして仕事をしていましたが、ユタカファーマシーであれば、予防医療や在宅など薬剤師として経験できる仕事の幅が拡がるのではないかという期待が持てましたし、会社の成長とともに人としても成長できるのではと考え、入社を決めました。

部門に関わらず従業員が一体となって店舗を動かすユタカの店舗運営

――ユタカファーマシーさんに入社をされ、働いていく中で感じられた特徴的なところはどんなところでしょうか。

ユタカファーマシーの店舗では、従業員が一体感をもって働いています。一般的には同じ店舗で働いていても部門ごとにタテ割りの組織構成が敷かれており、薬剤師以外の店舗スタッフの方とコミュニケーションを取る機会が少なく、一緒に仕事をしているという感覚が乏しいと聞きますが、ユタカファーマシーでは店舗が一丸となって、お客様・患者様の方を向いて仕事をしているという感覚があります。私のいる調剤部門がその他の部門から独立している感覚はなく、たとえばストアリーダーやユニット店長も調剤のことを気にかけて下さいますから、仕事をしていく上でも心強いですし、休憩中に各部門の従業員がそれぞれの商品やサービス情報の話題で盛り上がったり、従業員全員で一体となって店舗を運営し地域に貢献しているという実感が持てます。

また、当店では最低でも薬剤師は二人以上店舗にいますので、協力しながら業務にあたることができています。薬剤師が店舗に一人だと投薬中に患者様との対話の時間も十分にとれませんし、調剤室に急な連絡があっても対応することができません。薬剤師が調剤業務で手いっぱいにならないように、また患者様とのコミュニケーションの時間が取れるようにと、会社からは人員の配慮もなされているように感じています。

――ユタカファーマシーさんではユニット制を敷いており、それぞれの地域ごとに特色のある店舗運営をされていると伺いましたが、こちらの店舗で行っている独自の取り組みはありますでしょうか。

現在の店舗では薬剤師が企画をして、「キッズファーマシー」という地域の子供たちを対象とした模擬調剤イベントを実施しています。地域の子供たちが白衣を着て、処方箋に記載されたアメや粉末のお菓子をピッキングしたり、実際に調剤に使う機械を使って模擬調剤を行うイベントです。薬剤師の仕事を地域の子供たちやそのご両親に身近に感じて頂く良い機会となっています。また、子供たちが将来、薬剤師を目指す機会になればこれほど嬉しいことはありません。その他にも近隣のドクターと連携し、テーマを決めて健康相談会を実施したりもしています。普段の服薬指導や接客だけでなく、このようなイベントを通して、地域の患者様・お客様にとって身近な存在の薬剤師になりたいと思っています。

――ユタカファーマシーさんでは「人間性」という部分を重視されているとのことですが、実際に働いてみてそれを実感することはありましたか。

患者様・お客様が当店のスタッフ目当てに来店されるときに感じます。私が入社した月の1カ月間だけ一緒にお仕事をさせて頂いた薬局長がいらっしゃるのですが、その方が店舗を離れた今でも、その方をご指名で来店されるお客様・患者様が多くいらっしゃいます。これは薬剤師として、頼られているだけではなく、人として頼られている証だと思います。ユタカファーマシーではお薬を患者様にお渡しするだけの関係ではなくて、一人ひとりの患者様と一人の人間として向き合って仕事をしているという感覚が持てます。ただ、「ユタカのこころ」が理念として掲げられているだけではなく、実際に店舗の従業員全員が「ユタカのこころ」に基づいて仕事をしていこうという気持ちを持っていると強く感じます。会社の理念があっても、それを実行できる仕組みがなければ実現は難しいと思いますが、研修や店舗の人員配置など会社の仕組みが整っているからこそ、全員が理念に基づいて業務を進められているのだと思います。

ユタカファーマシーで拡がる薬剤師としての職域の幅

――ユタカファーマシーにご入社をされて、今後薬剤師としてはどのようなキャリアを築いていこうとお考えでしょうか。

今後、薬剤師の業務は調剤とOTC販売だけではなく、多岐に渡っていくと思います。その中で、私はユタカファーマシーで様々な経験を積み、薬剤師として地域に貢献できる領域を広げていきたいと考えています。これまでは調剤とOTC販売しか経験がありませんでしたが、ユタカファーマシーに入社をしてから、在宅業務にも取り組んでいます。在宅業務についても薬剤師としてのスキルアップのために経験したいと思い、入社時に希望を出したところ、現在の在宅業務を実施している店舗へ配属されました。もちろん、今後は在宅の領域だけでなく、更に予防の領域にも仕事の幅を広げたいと思っています。私の働いている店舗でも、地域の方のために健康相談会や育児相談会を開いています。このような会にも今後は薬剤師の立場としての知見を活かして関わっていきたいと思っています。そのためには会社に機会を与えてもらうのを待つのではなく、自分から意識してスキルを磨かなければならないと思います。現在は会社で提供されているeラーニングなどで自己研鑽に励んでいます。

自分がかかわるすべての人に「思いやりの心」をもつことが「ユタカの薬剤師になる」ために大切なこと

――一緒に働きたい薬剤師像についてお教え下さい。求職者へのメッセージもお願いします

一緒に働く薬剤師に求めるのは「思いやりの心」です。それはお客様・患者様に対してだけでなく、仕事でかかわる人すべてに対して思いやりの心を持つという意味です。その心のある人であれば、技能的な部分でまだ追いついていなくても、人としての成長が期待できますから。当社の社訓にもあるように「心が変われば人生が変わる」といいます。店舗をご利用するお客様・患者様やともに働く仲間、さまざまな人の考え方や意見を柔軟に吸収しつつ、自分の仕事に反映していけるような人がよいと思います。

入社時のオリエンテーションで聞いた「薬剤師として、ではなくユタカの薬剤師としてのスキルを磨いていく」という一節がとても心に残っています。単純に自分の薬剤師としてのスキルを磨く場として会社があるのではなく、会社のために自分も努力する必要があります。会社の考え方を意識して学んでいくことで、いつか「ユタカのこころ」がしっかりと自分のものになったユタカの薬剤師になれると考えて仕事をしています。