一般用医薬品のネット解禁が始まり、調剤薬局やドラッグストアをはじめ、各社がさまざまなサービスを展開している。
中でも調剤併設型店舗の展開や、ネット宅配サービスを提供しているのが株式会社ローソンだ。

そのローソンが7月23日、新たなサービスをスタートさせた
全店舗で店頭に設置しているマルチメディア端末「Loppi(ロッピー)」で一般用医薬品の店舗お取り寄せサービスを実施するというものだ。

取り扱い医薬品は、かぜ薬や解熱剤、胃腸薬などの常備薬をはじめ、ビタミン剤やドリンク剤など約280種類に上る。

お客がLoppiから医薬品を注文すると1~4日で店舗に商品が届き、商品入荷のお知らせメールがお客に配信される仕組みだ。なお、商品は注文した店舗で24時間いつでも受け取ることができる。
Loppiは画面に沿ってタッチ操作するだけという簡単な操作が魅力。自宅でインターネットを利用できない人や近隣に薬局やドラッグストアがない人にとってのメリットは大きいだろう。

薬キャリ編集部A.K.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加