1. 薬剤師の求人・転職TOP
  2. 状況が変わった薬剤師の転職市場 - 薬剤師転職コンサルタント 塚田 順一 のメッセージ

状況が変わった薬剤師の転職市場

転職メッセージ

状況が変わった薬剤師の転職市場

2019/08/09

・求人が減少し、求人1件あたりの競合求職者数が増え、採用側の選考基準が上昇している。


薬剤師の市場としては、都市部から徐々に薬剤師の充足感が拡がっています。ですので、求人1件の枠にに多数の薬剤師が競合する状況も少なくありません。つまり、採用側が薬剤師を選べる状況になってきているわけです。ということは、必然的に採用側の選考基準は上がります。ともすれば、これまでの採用市場では薬剤師であるということで充分な市場価値がありました。それは需給関係から考えて、採用側が薬剤師を選べる状況では無かったからです。

しかし、状況は変わりました。


・その中で、求職者の求められるもの。


まずは、薬剤師として何をしたいのか、ビジョンを語る必要があるのではないでしょうか。

そして、これまでの経験を活かしてビジョンを実現していきたいとアピールする。活かせる経験が無ければ、研修や座学などの自己啓発を通して自分を磨き、決意を語ればいいのではないかと思います。

これからの求職者に求められるのは、こういうことをやりたい、こういう分野で地域に貢献したい、など明確な自己主張を具体的にアピールすることが重要だと思います。


・履歴書・職務経歴書・自己PRなど文書を使って自分を売り込む


自分の中に明確なビジョンが確立できれば、あとは、ツールにいかに落とし込むかという段階になります。

ツールの代表的なものとしては、履歴書、職務経歴書、添え状があります。


履歴書は個人におけるキャリアに関する歴史であり、職務経歴書は業務経験に関する歴史ということができると思います。

添え状は自由に採用側へアピールができる文書になります。

アピールという観点でいえば、職務経歴書は業務経験に特化したアピールツールと言うことができると思います。

そして、添え状は履歴書と職務経歴書を踏まえ、ある特定の求人向けのアピールを戦略的に展開できるツールです。

応募求人に感じる魅力、活かせる経験、志望動機、総合的自己PRなど、様々な自己主張とアプローチが可能です。

このコンサルタントからの最近の転職メッセージ

塚田 順一 (東邦HD人の輪.com) へのお問い合わせ

当社は、ご入力いただいた情報を薬剤師転職コンサルタントの所属する提携人材紹介会社に提供いたします。 その後、薬剤師転職コンサルタントより直接ご返信を差し上げます。
上記事項にご同意の上、情報をご入力ください。

個人情報の記入に関してご質問がある方は、 「個人情報の取扱いについて」をご覧ください。

エリア別の薬剤師求人