1. 薬剤師の求人・転職TOP
  2. 高年収早上り求人をお探しの方へ - 薬剤師転職コンサルタント 塚田 順一 のメッセージ

高年収早上り求人をお探しの方へ

転職メッセージ

高年収早上り求人をお探しの方へ

2019/06/18

「時給2500円以上で、18:00には自宅に帰れる働き方が出来る先がいい」

「年収は高い方がいいので社員を続けたいけど、残業は出来ない」


こういう希望条件で転職を検討されている方のお手伝いをさせていただくことがあります。


希望条件の背景には、介護や子育てにかかわる事情、ライフスタイルにかかわる事情、派遣の求人が

少なくなったため直接雇用に着替えるという動機、等々様々な状況があります。


転職はそもそも”ご縁”ですから、タイミングよく希望条件に合致した職場が見つかり転職を勝ち取る、

というストーリーが最も望ましいのですが、常にスムーズに行くとは限りません。

何故かというと市場は常に変化しているからです。


新卒の就職活動で”就職氷河期”もあれば”売り手市場”もあるのと同じで、中途採用市場にも循環景気のトレンドに関わる需給状況を巡る大きな流れの影響を受けざるをえない側面があるわけです。


様々な事情により、上記のような希望条件で求職活動を行う際、重要なポイントは大きく3つあると思います。


①市場性

エリアにより温度差があるものの、基本的には買手市場に移行しました。ですので、今後は1名枠の募集に複数名競合する案件が常態化することになります。

つまり競争が激しくなる中で、希望条件をどう考えるのかというのは、重要なポイントです。


②一般的ではない待遇条件で採用してもらうだけの、スキルや経験があるのか?

待遇条件が他の従業員と比べて特別なわけですから、採用側としても特別な経験やスキルを求めてきます。

それに加えて、その条件が成立する背景に深刻な人手不足がある場合、人手不足が解消してもその条件が続くのかという疑問が残ります。


③条件だけで探して本当にいいのか?

やりがいの問題があります。条件だけで探しても、多くの時間を過ごすことになる職場ですから、果たして自分にあった業務内容なのか?という視点は不可欠です。


これらは結局、市場の需給状況、待遇及び就業条件、自己実現というテーマに帰着します。

それらテーマを総合的にとらえ、いかに落としどころを見出していくかということだと思います。


上記のような希望条件で探しても、時間をかけて探せば、いつか見つかると思います。

でも、本当にそれでいいのか?という視点で、より深く熟考していただきたく思います。


このコンサルタントからの最近の転職メッセージ

塚田 順一 (東邦HD人の輪.com) へのお問い合わせ

当社は、ご入力いただいた情報を薬剤師転職コンサルタントの所属する提携人材紹介会社に提供いたします。 その後、薬剤師転職コンサルタントより直接ご返信を差し上げます。
上記事項にご同意の上、情報をご入力ください。

個人情報の記入に関してご質問がある方は、 「個人情報の取扱いについて」をご覧ください。

エリア別の薬剤師求人