1. 薬剤師の求人・転職TOP
  2. 対人関係のちょっとしたコツ① - 薬剤師転職コンサルタント 塚田 順一 のメッセージ

対人関係のちょっとしたコツ①

転職メッセージ

対人関係のちょっとしたコツ①

2019/01/16

こんにちは。東邦薬品です。




2019年がスタートしました。




風邪・インフルエンザの流行により、慌しい日々が続いているのではないでしょうか。




忙しいとき、人は余裕(ゆとり)がなくなりがちで、職場の雰囲気が少しピリッとしてしまうこともありますよね。




私自身も、「あ、今ちょっと自分無愛想だったな...気をつけないとな~。」と反省する時があります。




今回は職場での「対人関係」について少し触れてみたいと思います。






皆様の職場はどんな職場ですか?




クリニック門前の薬局で薬剤師が少数の職場、病院門前の薬局で薬剤師が大勢いる職場、薬剤師は自分一人しかいない職場、病院のように薬剤師以外の職種と連携が必要な職場...




上記以外にも様々な職場があると思いますが、ほとんどの職場において「対人関係」は発生します。(職場内の同僚・上司、患者様、お客様、取引先など...)




そして今や、技術系の職種でもコミュニケーション力が求められる時代になりました。






そんな中、職場での人間関係で悩みを抱える薬剤師の割合は非常に多く、転職理由ランキングを作るとすれば間違いなく上位に入ることでしょう。




人間関係が悪いから転職して働く環境を変える、これは確かに楽で手っ取り早い手段だと思います。




しかし皆様、よくよく考えてみて下さい。




たまたま運良く人間関係が良好な会社に転職することができたとしても、果たしてそれは「根本的に」悩みを解決できたことになっているのでしょうか?




例えば、転職当時は良かったけど数ヶ月後に厚意にしていた人が辞めてしまった、自分が入社した数ヶ月後にとても苦手なタイプの人が入社してきた...




万が一、前職と変わらない状況に陥った場合、また転職を繰り返してしまうのでしょうか?






上記のように、職場における「人」という要素は、実は「流動的」な要素です。




流動的とは言葉の意味の通りその時々によって変化するものであり、残念ながら自分の意思ではコントロールすることができません。




そして、人間関係の悪さ(流動的な要素)を理由に転職をする(環境を変える)という行為は、一見問題を解決できたかのように思えますが、実は根本的な問題解決に至っていないのです。




例えるならば、「運頼みでガチャを回し続けている」のと一緒です。




ラッキーはあくまでもラッキーでしかなく、自分の意思でコントロールはできませんよね。






では、どうすれば良いのでしょうか?




職場と割り切って自分が我慢をすればいいのか...?




それも一つの考え方だと思いますし、ある意味自分の意思で自分をコントロールしていることになります。




しかし、「割り切る」という行為は単純に精神衛生的に良くはありませんし、人間の精神力には限界があります。






つきましては、人間関係の悩みを根本的に解決したい場合には、どのような「考え方」を持てば良いのか?




次回の「対人関係のちょっとしたコツ②」にてアドバイス形式で触れて行きたいと思います。






~ 東邦薬品【人の輪.com】 ~

医薬品卸『東邦ホールディングスグループ』のネットワークを最大限活かし、あなたの希望に沿った求人をご提案します。 

このコンサルタントからの最近の転職メッセージ

塚田 順一 (東邦HD人の輪.com) へのお問い合わせ

当社は、ご入力いただいた情報を薬剤師転職コンサルタントの所属する提携人材紹介会社に提供いたします。 その後、薬剤師転職コンサルタントより直接ご返信を差し上げます。
上記事項にご同意の上、情報をご入力ください。

個人情報の記入に関してご質問がある方は、 「個人情報の取扱いについて」をご覧ください。

エリア別の薬剤師求人