薬キャリ1st 2022 powered by m3.com
  • 株式会社 雄飛堂

    雄飛堂薬局 業種:調剤薬局|本社:東京都|設立:1949(昭和24)年4月|従業員人数:360名、うち薬剤師人数:210名 法人ID:101743

先輩情報

澤井 彩華

配属先施設名 十条銀座店
入社年度 2017年新卒入社
卒業大学 いわき明星大学
入社のきっかけ 実務実習でお世話になり、入社しました。
物販や在宅など様々な仕事がしたいと以前から考えており、多くの事にチャレンジできる点に惹かれました。
研修が豊富な点も、選んだ理由の一つです。物販研修、フィジカルアセスメント研修、アンガーマネジメント研修など他社では行っていないであろう研修が多々あります。
薬剤師としてはもちろんのこと、社会人としても多くの事を学んでいます。
やりがい 以前、他の薬局でもらっている薬について患者さんから相談がありました。
身内に同じ様な経験をした人がいたので、体験談を交えてお話させて頂きました。
「やっと気持ちをわかってもらえた。親身に相談にのってくれてありがとう。」と言っていただき、凄く嬉しかったです。
仕事をするうえで心がけていることは、笑顔で対応することです。
相手は患者さんですが、適切な笑顔は必要だと考えています。
実際に「素敵な笑顔ね。また会いに来るね。」と言われたことが多々あります。
心を開いて頂き、少しでも多くの事をお話頂ければと思っています。

下澤 利樹

配属先施設名 薬局長からエリアマネジャーへ昇格(2020/1~)
入社年度 2013年入社
卒業大学 城西大学
入社のきっかけ 企業理念でもあるチャレンジという言葉。
それは社長とお会いしていただけるとすぐに理解していただけると思いますが、常に考え、常にチャレンジしており、話を聞いているとワクワクしてきたことを覚えております。
そして自分もこのチャレンジをしていきたいと思ったからです。
やりがい 5店舗のリーダーをしております。
各店の売上のためにどのような施策を行っていくか。また人員配置や設備の管理を行い全スタッフが働きやすく、1人1人100%の力を発揮してもらえるよう環境を整えることを日々行っています。
スタッフと楽しく話したり、ご飯に行ったりすることはもちろんですが、仕事自体を楽しむようにしています。
店舗で目標を立て、それに向けて全員で声をかけあい、楽しみながら達成すると、沢山の嬉しさを分かち合えます!

麻生 祐希

配属先施設名 薬局事業部 薬局長(2020.4~)
入社年度 2016年新卒入社
卒業大学 帝京平成大学
入社のきっかけ 下記の事から、この会社の事を好きになれそう、自分もこの会社と一緒に成長していきたいと思い雄飛堂を選びました。
会社説明会での採用担当の方々の、パワフルで芯の熱さを感じる人柄や、風通しの良さそうな会社の空気感に惹かれました。店舗見学の際、現場の社員が生き生きと働いていた事や、ひとつひとつの質問に真摯に答えてくれた姿がとても印象的で、そんな先輩のいる会社に勤めたいと思ったのが選ぶ決め手となりました。
また、調剤薬局でありながら、物販にも力を入れて行く方向性が見える事・会社の企業理念に共感した事も大きな理由の一つです。
私も雄飛堂の企業理念の様に「ありがとう」をもらえるような仕事をし、人と人の出会いや繋がりを大切にしたいと考えています。
やりがい GE率の底上げに店舗一丸で取り組み、目標数値を達成しました。
GEの採用メーカーを検討し、採用品目を増やしたりする事はもちろんですが、患者さんの理解を得るために、一定の時間をおいて何度もお話しすることもしばしばありました。どうすればより安心して飲んで頂けるか、興味を持って頂けるかについて日々考え、店舗全員で根気よく取り組んだことが成功の鍵です。毎日、GE率を確認するたびに一喜一憂しながら、数字が上がるにつれて店舗が一つのチームになっていくのを感じました。

土井 裕貴

配属先施設名 千駄木店
入社年度 2018年新卒入社
卒業大学 城西大学
入社のきっかけ 大学の先生より紹介いただいたのですが、入社面接に訪れた際にお会いした雄飛堂の方々の温かさが決め手です。
店舗見学でも突然伺ったにもかかわらず、やさしくご説明頂きました。
入社後は、先輩方と気さくにお話しができ、風通しの良い会社だと感じました。「
何でも聞いて」や「何でも話して」が、私達新入社員にはとても心強く感じます。
また逆に、何かあれば意見を取り入れて貰えるのも、この雰囲気あってこそだと思います。
やりがい 大きな成功談とまではいきませんが、同じ患者さんとのコミュニケーションのなかで、徐々に心を開いてもらえたと感じる時にやりがいを感じます。

渡邊 蘭子

配属先施設名 足立新田店
入社年度 2013年
卒業大学 北海道薬科大学
入社のきっかけ 実は、面接を受けた理由は東京都23区内で店舗を多く展開していたことと、社長の年齢が自分と近かったことです。
人事の方がとても素敵な方だったのが決め手でした。
仕事に対して前向きな人が多く、全体的にホスピタリティが高いと感じています。
患者さんにとっても会社にとっても「いい仕事」をするために見習うべき点が多いです。
やりがい 管理者としてお店の業務全体を円滑に進められている時はやはり嬉しいです。
また、初めて管理者として配属された店舗で患者さんの待ち時間の短縮やスタッフの人件費のムダを改善できたのは自信につながりました。
「自分ひとりでは仕事は成り立たない」と思っています。
患者さん・お客様・店舗スタッフ・社長をはじめとする会社の皆さんへの感謝を忘れてはいけないと考えています。

新井 健太

配属先施設名 薬局事業部 薬局長(2020.5~)
入社年度 2016年新卒入社
卒業大学 明治薬科大学
入社のきっかけ 雄飛堂に、フレンドリーで風通しの良さを感じ入社致しました。企業理念に「チャレンジする」とありますが、大型店舗や在宅専門店舗での業務など、今まで様々な事にチャレンジさせて頂いていると感じています。個人的に明薬出身の社員が多い事も好印象でした。
社長・副社長を始め、部長やリーダーなど本部の方々が社員1人1人の顔と名前を覚えており、定期的に各店舗に足を運んで現場の声や意見を拾ってくださる所も魅力の一つです。
また、社員同士の仲が良く、店舗やグループの垣根を越えて食事に行く事も多いです。
やりがい 現在、草加店で薬局長として勤務しております。
業務内容として売上など数値の管理等もありますが、一番力を入れていることは、スタッフの皆さんが働きやすい環境を作ることです。スタッフ1人ひとりが自分自身に余裕を持つことで、患者さんに対してより良いサービスを提供できると考えているからです。
また、多職種との連携に力を入れてます。医療機関(医師や看護師)、介護関係(ケアマネージャーや施設職員)の方々と出来るだけ顔を合わせてお話する機会を設けるよう心掛けております。相手の顔が浮かぶというだけで、話が何倍もスムーズに進みます。

森本 拓也

配属先施設名 池袋トキワ通り店
入社年度 2018年(新卒入社)
卒業大学 日本薬科大学
入社のきっかけ 私が弊社を選んだのは常に新しいことにチャレンジしていく姿勢に魅力を感じ会社と一緒に自分も成長できると思ったからです。
また落ち着いた雰囲気や綺麗な内装も弊社の魅力の一つでした。
店舗によって色々特徴がありますがどの店舗でも新人をしっかりとサポートしてくれます。また社員旅行や社内運動会など社内での行事も多く、他の店舗の方々とも交流が持てるので社内全体が仲良くいい雰囲気だと思います。
やりがい 常に患者さんの心に寄りそうことを心掛けています。
また薬剤師から患者さんへの一方通行の投薬ではなく、両方の目線にたった投薬ができるように日々勉強しています。
今どのような薬剤師になりたいのか、どこで働きたいかなどを迷っている学生さんは一度弊社の説明会や店舗見学に来てみてください。
自分の目標や将来像が見えてくると思います。

冨田 裕史

配属先施設名 薬局長からエリアマネジャーへ昇格(2020/1~)
入社年度 2014年入社
卒業大学 帝京大学
入社のきっかけ 企業理念にあります「チャレンジ」という言葉に惹かれました。
新しいことに挑むことを会社全体で後押ししてくれるので、迷ったときにもやってみようという気持ちにさせてくれます。
現在、店舗の売り上げ等の数値の管理、人員配置の管理、会社方針等の浸透などの業務をしておりますが、1番時間を割いているのは店舗スタッフの業務環境を整備することです。
店舗スタッフと面談を多く行い、可能な限り働きやすい環境を作れるように日々考えています。
やりがい 今まで社内では何度も健康フェアを開催してきました。
先日初めての試みで、近隣病院と他社の薬局を含めて、健康フェアを開催をすることができました。
社内で行う健康フェアとは勝手が違いましたが、病院、会社の垣根を越えて薬剤師として地域の方々の健康相談に乗れたことは自分自身の大きなプラスになりました。
地域の方々からも大変好評でしたので今後もこのような試みは続けていきたいです。

秋山 倫寛

配属先施設名 薬局事業部 グループマネジャー
入社年度 2001年入社
卒業大学 昭和大学
やりがい マネジャーの業務は多岐にわたりますが、今は働いているスタッフが働きやすい環境を作る事に、多くの時間を使っています。
各薬局長は、体力的、精神的にタフな仕事をしています。
問題があれば、その店舗に出向き、薬局長と情報を共有し、解決策を一緒に考えています。
共に考え、ひとつの問題をクリアできたときの喜びはひとしおです。
企業理念である〔患者さんからのひとつでも多くのありがとう〕を頂くのは、働いているスタッフです。
そのスタッフが、笑顔で患者さんをお迎えできるように万全の準備を整えています。