薬キャリ1st 2022 powered by m3.com
  • 中部薬品株式会社(Ⅴ・drug)

    愛される医療人(ひと)に。あなたらしく輝ける場所、それが『V・drug』 業種:調剤薬局,ドラッグストア|本社:岐阜県|設立:1984年2月|従業員人数:3,674名(うち薬剤師:420名) 法人ID:100409

プレエントリー受付中!
プレエントリーをした企業には、3月1日に自動的にエントリー連絡が通知されます。それまでは企業側に個人情報は通知されません。
プレエントリーの詳細はこちら

中部薬品株式会社(Ⅴ・drug)の法人情報

みなさんこんにちは!中部薬品株式会社Ⅴ・drug新卒採用担当の岸田かりんです。
この度はⅤ・drugのページにアクセスくださりありがとうございます(^^)

Ⅴ・drugは、東海・北陸を中心に展開しているドラッグストア企業です。そして、

★素直な感性を持っている
やさしく素直で感受性豊かな人の行動は、心温まるサービスの提供に繋がります。

★「ありがとう」の言葉を糧に勉強できる
患者さまや、一緒に働く仲間からの「ありがとう」はきっと、あなたの学ぶ意欲に火をつけます。

★自分の成長を楽しめる
人として成長していく自分自身を素直に喜び、楽しめる人は魅力に溢れています。

こういった方にはピッタリな会社です!

少しでもⅤ・drugにご興味のある方、是非エントリーください♪

V・drugの薬剤師は「調剤:OTC:その他=9:1:完全0」、雑務業務一切ありません。医療者として活躍ができます!
プライベートが充実させられるのもⅤ・drugの魅力!旅行好きなスタッフが多いです♪メリハリをつけて働くことができます!
私たちは医療の提供を通じ、地域の皆様の健康に貢献し、幸せな暮らしに貢献したいと願っています。
法人名 中部薬品株式会社(Ⅴ・drug)
業種 調剤薬局,ドラッグストア
法人紹介 ドラッグストア・調剤薬局として専門性を発揮した「地域密着健康ステーション」としての役割を担い、地域の生活をサポートしていくことが使命であると考えています。


②つの働く環境
1:調剤専門薬局
医療機関と密に連携を図ることにより、患者様の健康を支えます。
じっくり時間をかけて、患者様と向き合うことができます。

2:ドラッグストア併設型薬局
OTC薬についてのご相談も、調剤業務と並行して積極的に受けることができます。
また、お薬ができる待ち時間の間、患者様にドラッグストアでお買い物をしていただけます。


④つの医療機関タイプ
1:総合病院門前薬局
比較的大規模な病院の前に開設された薬局です。 病院の診療科目が多岐にわたるため、処方箋の内容も種類が豊富です。 中には抗がん剤を取り扱う処方箋などがあり、深い知識が必要になります。

2:マンツーマン薬局(門前薬局)
V・drugの調剤薬局の中で、一番店舗数が多いタイプになります。 医師と協力して「クリニック」+「調剤薬局」という形で、地域の皆様から選ばれています。

3:医療モール型薬局
同一の敷地内に複数の医療機関があり、そこに薬局を開設しています。 複数の医療機関が入っていることで患者様の利便性が高く、かつ服薬しているお薬の把握がしやすくなります。

4:面応需型薬局
特定の医療機関が近隣にないため、幅広い種類の処方箋を受け付けます。 そのため、品目数を比較的多く取り扱うため、様々な処方箋に触れる機会が多いことが特徴です。


③つの立地タイプ
1:都市型
ビジネス街に店舗があり、OLさんやサラリーマンがお昼休みや仕事帰りに立ち寄るケースがほとんどです。 健康体験コーナーを併設することで、働く層の健康意識を高めることに貢献しています。

2:V・drugではドラッグストア併設型薬局の店舗が多く、日常のお買い物と一緒にご利用いただいています。 V・drugを生活の一部のように思っていただけるよう、患者様との信頼関係構築に取り組んでいます。

3:人口が減少傾向にある地域にあり、その分地域の方の「拠りどころ」としての役割を果たしています。 顔や名前を覚えてくださる患者様も多く、人と人との繋がりを肌で感じることができることも魅力です。
事業内容 中部薬品(株)は、東京証券取引所一部上場企業「(株)バローホールディングス」の中核事業会社企業として、調剤薬局・ドラッグストアの「V・drug」を運営しています。
調剤薬局運営企業の売上高では、上位にランクイン。財政基盤に自信があり、抜群の安定性を誇ることから、長く勤められ、将来設計も安心して描けるようになっています。
住所(本社) 507-0078 岐阜県多治見市高根町4丁目29番地
設立 1984年2月
沿革 1984年
岐阜県多治見市に中部薬品(株)設立

1997年
調剤専門薬局を展開開始

1998年
店舗数50店舗を突破

2002年
全店共通のポイントカードを導入

2003年
店舗数100店舗を突破
薬事研修センターを設立

2006年
健康食品を強化した売場「サプリメントワールド」スタート
全店屋号を「V・drug」に変更
処方箋年間応需枚数が50万枚を突破

2008年
バローグループ共通クレジットカード「バローグループカード」導入
店舗数150店舗を突破

2009年
インターネット通販サイト楽天市場に「V・drug アミノワールド店」を開店

2011年
年間売上高500億円を突破

2012年
200店舗突破

2013年
岐阜県内での処方箋受付枚数は最多クラス

2014年
店舗数250店舗突破

2016年
滋賀県へ初出店
店舗数300店舗突破

2017年
京都府へ初出店
店舗数350店舗突破

2018年
静岡県に調剤初出店
調剤店舗が80薬局を突破

2019年
㈲ひだ薬局、㈲サンファーマシーを子会社化
調剤店舗が100薬局を突破

2020年
大阪府、滋賀県に調剤初出店

2021年
京都府に調剤出展
調剤店舗が120薬局を突破
売上高 1,392億01百万円(2020年3月)
従業員数 3,674名(うち薬剤師:420名)
施設・事業所情報 富山県,石川県,福井県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府