薬キャリ1st 2019 powered by m3.com
  • 0000010423
    株式会社くすりの福太郎

    最新設備を備え、患者さんに寄り添いながら地域の健康を支えます!~医療モール型ドラッグストアを中心に都市部へ集中出店~ 業種:調剤薬局,ドラッグストア|本社:千葉県|設立:1971年(昭和46年)4月|従業員人数:従業員数:約3,500名(内、正社員920名)、うち薬剤師数:560名 法人ID:100296

法人情報

学生のみなさんはじめまして。くすりの福太郎と申します。
当社は、東京都23区・千葉県北西部といった、「人口密集地」の駅前・住宅街・繁華街立地に多くの出店をおこなっていきます。
「都市型ドラッグストア」や「調剤薬局」を積極的に出店し、将来的には都心におけるマーケットシェアのNo.1企業を目指しています。

【職種を選ぶのは自分自身です!(調剤専任薬剤師・OTC専任薬剤師)】
当社では「調剤専任薬剤師」、「OTC専任薬剤師」としてスペシャリストを目指すことが可能です。職種別研修も充実しており、薬剤師を対象とした医療用医薬品、OTC 医薬品が学べる「薬剤師生涯セミナー」や「漢方セミナー」などの継続研修だけでなく、e-ラーニング認定薬剤師取得制度や希望者による学術発表会なども実施。薬剤師としてステップアップしたいという意欲をサポートする体制が整っています。

【都市部での処方箋応需枚数トップクラス】
当社は「ドラッグストア」でありつつ、「千葉県の処方せん応需最大級企業」となっています。調剤薬局1店舗あたりの1日平均処方箋枚数は100枚。薬剤師の配置人数は6.2人となっており、“一人薬剤師”の店舗がありません。先輩薬剤師が多数のため、安心して働くことができます。予防から治療の領域で地域の健康サポートを実現している当社。今後は都内の出店を更に強化し、「薬局」における都心シェア拡大も目標としています。

【Smile every day! 従業員が笑顔で働くことで、顧客満足度を高める】
当社の行動規範は「Smile every day!」です。これは、“従業員が笑顔で働くことができれば、お客様を笑顔にすることができる。また、お客様の笑顔が「顧客満足度」に繋がる。”
との思いを込めた言葉です。「くすりの福太郎の薬は良く効く」、「くすりの福太郎の化粧品はキレイになる」とお客様に言っていただけるよう、患者様・お客様とのコミュニケーション・接客に励んでいます。同じ商品でも福太郎で買ったほうが効いて欲しい!!
永遠の課題ですが、真摯に皆で頑張っています。

このような雰囲気を実際に体感していただきたいと思います。
まずは、お気軽にエントリーお待ちしております!

0000013017
本社ビル(千葉県鎌ケ谷市)。「北総線」「東武アーバンパークライン」「新京成線」が交わる新鎌ヶ谷駅から徒歩4,5分です。
0000010425
医療モール型調剤併設ドラッグストア(津田沼南口店)。クリニック5科とスポーツクラブが入居する健康複合施設です。
0000010421
医療モール型調剤専門店(豊洲店)。年々多くのお客様にご利用頂けるようになりましたので、環境に合わせて店内を改装しました。
法人名 株式会社くすりの福太郎
業種 調剤薬局,ドラッグストア
法人紹介 ◆業界
「超高齢化」と「国民総医療費の増大」。これらの社会的問題を背景にセルフメディケーションが推進されると共に、ドラッグストア・調剤薬局マーケットの拡大が進んでいます。
その中でドラッグストア・調剤薬局に求められているのが、医療・健康・美容関連商品の提供と健康不安や美容相談における情報提供です。
そこで、当社は営業部(ドラッグストア部門)と調剤運営部(薬局部門)の2本柱により、「予防」から「治療」までのそれぞれの専門性を追求し、地域の皆様の健康な生活をサポートしていきます。

◆営業部(ドラッグストア部門)
薬剤師はOTC専任として医薬品を中心にドラッグストア運営全般に携わっています。くすりの福太郎では創業以来、お客様との信頼関係構築のためにカウンセリング販売を行ってきました。お客様一人ひとりのためのマニュアル方式では成し得ない接客が、当社のカウンセリング販売です。長年培われてきたお客様との信頼関係をさらに強化し、今後も「美と健康」の提案を通じて地域社会に貢献していきます。

◆調剤運営部(薬局部門)
1980年代から本格的に開始した調剤事業。現在は調剤報酬額187億円という事業規模まで成長させることができました。1店舗あたり1日平均100枚の処方箋を応需する当社は、調剤専任の薬剤師を配属し、患者様に安心と信頼を提供しています。多くの患者様から"かかりつけ薬局"として選んでいただいている以上、これからも医療提供施設としての責務を果たしていきます。
(1薬局あたりの平均配属人数、薬剤師 6.2名・医療事務 3.5名)

それぞれの事業構造の確立を終え、今後は新たなステージへのステップとして更なる専門性の強化を行い、医薬品・化粧品販売シェアの拡大及びエリア内処方箋応需シェア拡大を目指していきます。
事業内容 ドラッグストアおよび調剤薬局の経営
住所(本社) 273-0107 鎌ケ谷市新鎌ケ谷2-8-17 新鎌ケ谷Fタワー8階
設立 1971年(昭和46年)4月
沿革 1957年 12月 「福総合化粧品店」を創業
1971年 4月 「(株)福」を化粧品、医薬品の販売を目的として設立
1986年 3月 保険調剤薬局の展開を開始
1993年 4月 東京都1号店、西新井大師前駅店を開店
1998年 12月 千葉県鎌ケ谷市道野辺本町2-14-3に本社機能を移転
2000年 2月 物流合理化のため物流センターを設置し一括配送を開始
2000年 12月 店舗数 計50店
       内訳:ドラッグストア店30、調剤併設店13、調剤専門店7
2002年 1月 埼玉県1号店、吉川駅前店を開店
2002年 8月 「(株)くすりの福太郎」に商号変更
2003年 11月  (株)大創産業とフランチャイズ契約を締結
2003年 12月 店舗数 計100店
2004年 8月 (有)あい薬局より調剤薬局2店舗の事業を譲受
2007年 5月 (株)ツルハホールディングスとの業務資本提携、グループ会社となる
2009年 5月 物流合理化のため物流拠点を千葉県八千代市へ移転
2009年 11月 (株)セベラルよりドラッグストア5店舗の事業を譲受
2010年 4月 くすりの福太郎ECサイトの開店
2010年 5月 (有)サム薬局より調剤薬局2店舗の事業を譲受
2011年 1月 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目8番17号に本社を移転
2013年 7月 かねまん薬局総本店マルモ薬品より3店舗の事業を譲受
2017年 10月 株式会社ドラッグ・アーバンより3店舗の事業を譲受
2018年 1月 店舗数 計207店舗
       内訳:ドラッグストア専門店124、調剤併設店32、調剤専門店51
売上高 2017年 5月  622億円
2016年 5月  611億円
2015年 5月  566億円
2014年 5月  523億円
2013年 5月  477億円
2012年 5月  446億円
従業員数 従業員数:約3,500名(内、正社員920名)、うち薬剤師数:560名
施設・事業所情報 茨城県,埼玉県,千葉県,東京都