ママ薬剤師として活躍する:薬剤師のこだわり転職サポート

薬剤師の「子育てとキャリア」、両立に大事なこと

子育てと仕事を両立しながら働くことは、とても大変です。
その大変さを少しでも和らげるためには、仕事の環境選びが非常に重要になってきます。
子育ての不安もキャリア継続の不安も解消するようなお仕事選びに大事なことは何なのか、アンケートをもとに分析しました!

1 正社員で働くママ薬剤師の復職タイミング

出産や育児にともなって仕事を離れた薬剤師は、子供がどれくらいの大きさになって仕事復帰しているのでしょうか。正社員で働いている女性薬剤師(出産を経て仕事復帰)を対象にしたアンケートを実施しました。

出産後、お子様がどれぐらいの年齢からお仕事をスタートしたか

アンケートにお答えいただいた正社員の女性薬剤師の圧倒的多数が、子供が0~2歳の間に復職していることがわかります。次いで多いのが幼稚園の間に復職しているパターンで、いずれも子供が未就学児の間に仕事復帰を果たしていることから、自身の薬剤師としてのキャリアのブランクを最小限にとどめようと考えていることがわかります。
正社員として働く女性薬剤師は、出産や子育てといったライフイベントがあるなかでも、薬剤師としてのキャリアを積み重ねて行くために、仕事選びで大切にするべきことは何だと考えているのでしょうか。


ママ薬剤師が子育てと仕事を両立するうえで、重要と考えているポイント

正社員として働き続けるキャリア志向の女性薬剤師は、子育てと仕事を両立する上で「突発休の際もヘルプ体制等が充実している」「産休・育休の取得実績がある」「終業時間が早い、もしくは残業なし」等がとりわけ重要だと考えているようです。

正社員で働く多くの女性薬剤師は、子供が小さいうちに復職を果たしています。子供が幼いうちは、急な病気などで休む必要が出てくるかもしれません。急な休みに対応できるようなヘルプ体制が整っていない職場の場合、親としてはとても安心して働き続けることはできません。産休や育休についても、法律的に設けられているのではなく、それが実際に気兼ねなく取得できなければ、子育てと仕事の両立は難しくなってしまいます。仕事復帰する際にも、休みに入る前と同じキャリアパスが提供されている必要もあります。しかしながら、突発的なお休みにも対応してくれるヘルプ体制が充実し、産休・育休制度も取得しやすい職場を、一人で探し出すのは容易ではありません。キャリアの継続と子育ての両立に不安がある方は、ぜひ紹介会社を利用してみて下さい。仕事と子育ての調和のとれた環境で、安心して働ける求人をご提供できます。

「ママ薬剤師」の転職に成功!その秘訣は?
実際にママ薬剤師の転職に成功した薬剤師と転職コンサルタントにその秘訣を伺いました。