1. 薬剤師の求人・転職TOP
  2. 面接を急かされる・・・ - 薬剤師転職コンサルタント 塚田 順一 のメッセージ

面接を急かされる・・・

転職メッセージ

面接を急かされる・・・

2019/10/08

こんにちは。共創未来グループ(東邦ホールディングス)の中川です。




面接を早く受けた方が良いとコンサルタントが急かしてくる。



皆様はどう思いますか?



結論をざっくり申し上げますと、個人的には早く受けたほうが良いと思います。



情勢が買い手市場であることを考えると、早く受けたほうが「求職者である皆様のため」だと考えるからです。



※ただしこれは一概ではございません。求職者のシチュエーションによります。




■シチュエーション『転職の必要度が高い求職者に対して』



例えば、既に転職する気持ち(現職を退職する気持ち)が固まっている人、既に離職している人に対しては私も「早く受けた方が良い」と提案するケースは多いです。



ただし、強制するのではなく、あくまでも「提案」というスタンスです。



※正直、受けたくないのであれば受けなくて良い、と思っています。



早く受ける事を提案する理由は、求職者が面接のチャンスを失う可能性(リスク)があるからです。



【リスクの事例】



[1]他の候補者で決まってしまう ⇒ 求人がクローズになる



[2]時間の経過と共に求職者側の心象が悪くなる(求人側:その求職者は本当にウチの会社に興味持ってくれてるのかな?)



※複数のエージェントに登録をされている人の場合、より一層この部分の調整が難しくなります。



そもそも、求職者の皆様に対して具体的な面接案件を提示するためには、皆様よりもまず先に求人側へ「このような経歴を持った求職者(薬剤師)の登録がありました。面接していただける可能性はありますか?」という打診を行うケースがほとんどです。



なぜ先に求人側に先に打診を行うのか?その理由は、今や薬剤師の転職市場が買い手市場になっているからです。



売り手市場の時とは違い、「どんな薬剤師でも面接OKですよ!」という求人は激減しました。(過去形)



希望条件のこだわりが多い人ほど、先行打診が重要になります。(募集の確認=打診と考えても大袈裟ではないかもしれません。)



そして打診を行ったからには、求職者が面接を受けるのか・受けないのかを求人側にアンサーしなければなりません。



このアンサーを引き延ばせば引き延ばす程、上記のようなリスクが生まれると考えます。



故に、私がコンサルタントとして、もし「この薬剤師さんにはこの求人がマッチしている!」と感じれば、説明をした上で早く受けましょうという提案をします。



この求人以外にマッチ度の高い求人は少ないな...と感じた場合は尚更です。



そして残念なことに、買い手市場においては売り手市場時のように求人をいくつも横に並べて比較できるほど、選択肢のゆとりは無くなってきているという事実も影響しています。



それでも、まだ他に良い条件の求人があるのではないか?待てば出てくるのではないか?と、考える人もいらっしゃると思います。



または、エージェントは「売上実績のため」に早く受けた方が良いとせかしてくるのではないか?と不信に感じる人もいると思います。



そう感じていらっしゃる方々へのアドバイスとしては、決断は「自分次第です」ということです。



万がいちチャンスを逃しても良いから早く受けなくて良い、と思うのであればそれで良いと思います。



実際、マッチ度を考慮せずに求人を作業的に送ってくるコンサルタントも存在しており、そのケースにおいては「とりあえず面接を受けましょう」という言葉は要注意です。



面接に同行してもらえず、実際に面接を受けてみたら全然話が違った...という話もしばしば聞きます。



ご自身の状況・心境を踏まえた上で、「早く面接を受けましょう」という言葉を信じるか信じないかを冷静に判断することが重要です。



気をつけなければいけないのは、「冷静」と「慎重」は違うという点です。



もし迷われた場合には、コンサルタントに「どうして早く受けたほうが良いのですか?」と、理由を聞いてみましょう。



納得のいく明確な返答がポンッと返ってくるコンサルタント、抽象的でよくわからない返答がフニャフニャ返ってくるコンサルタントに分かれることでしょう。


このコンサルタントからの最近の転職メッセージ

塚田 順一 (東邦HD人の輪.com) へのお問い合わせ

当社は、ご入力いただいた情報を薬剤師転職コンサルタントの所属する提携人材紹介会社に提供いたします。 その後、薬剤師転職コンサルタントより直接ご返信を差し上げます。
上記事項にご同意の上、情報をご入力ください。

個人情報の記入に関してご質問がある方は、 「個人情報の取扱いについて」をご覧ください。

エリア別の薬剤師求人